関東北部ではさらに90センチの降雪も 17日も日本海側は大雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東北部ではさらに90センチの降雪も 17日も日本海側は大雪

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


新潟県や群馬県の山地では、記録的な大雪となっています。あす17日にかけて、多い所ではさらに80~90センチの降雪が予想されます。東北から中国地方にかけて、日本海側の山地を中心に大雪となりそうです。

あす(17日)にかけて日本海側は大雪 東海など太平洋側でも

この時期としては強い寒気が日本付近を覆っているため、日本海側の地域では断続的に雪が降っています。新潟県や群馬県の山地では、24時間に降った雪の量が1メートルを超えた所があり、記録的な大雪となっています。あす(17日)にかけても寒気の影響で、北日本から西日本の日本海側の地域を中心に断続的に雪が降り、山地では大雪となりそうです。

関東地方北部では、あす午後6時にかけて、多い所で90センチの降雪が予想され、さらに積雪が増えそうです。冬型の気圧配置は次第に緩むため、あす昼ごろまでに大雪のピークは越える見通しです。

雪の予想は日本海側が中心ですが、太平洋側の地域でも油断はできません。雪に慣れていない地域では、少しの積雪でも大きな影響を及ぼします。愛知県では、あす午後6時までの24時間降雪量が、多い所で平地でも5センチと予想されています。通勤や通学の足に影響が出るおそれもありますので、寒さ対策とともに、時間に余裕を持って行動するようにするほか、最新の気象情報を得るようにしてください。

予想される24時間降雪量

あす(17日)午後6時までの24時間に予想される雪の降る量は、いずれも多い所で、

関東甲信地方で 90センチ、

北陸地方で 80センチ、

東北地方で 70センチ、

東海地方、近畿地方で 60センチ、

中国地方で 50センチ です。

関東北部や北陸の山地では、すでにこれまでに記録的な大雪となっている所があります。これらの地域ではさらに積雪が増えることが予想されます。大雪による交通障害に厳重な警戒が必要です。

金曜日(18日)から再び大雪に

大雪のピークは、あす(17日)までで、一旦冬型の気圧配置は緩む予想です。しかしその後、金曜日(18日)の夜から土曜日(19日)にかけて、再び冬型の気圧配置が強まるでしょう。そのため、北日本や東日本の日本海側を中心に再び大雪となる可能性があります。車の運転や交通機関に大きな影響を及ぼすおそれもありますので、最新の情報をご確認ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい