新潟県で積雪増加 日本海側はあすにかけて大雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新潟県で積雪増加 日本海側はあすにかけて大雪

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


日本海側の地域では断続的に雪が降っています。新潟県や群馬県の山地では、きのう(15日)から1メートル前後、積雪が増えている所があり、あすにかけて大雪に警戒・注意が必要です。

新潟県・群馬県で積雪増加

日本付近は寒気に覆われている影響で、日本海側を中心に断続的に雪が降っています。きょう(16日)午後2時現在、全国で最も積雪が多いのは、青森県の八甲田山麓にある酸ケ湯で163センチです。また、新潟県や群馬県の山地では、積雪が急に増えています。群馬県みなかみ町藤原は、積雪が157センチで、24時間前から107センチも増えています。新潟県湯沢町は143センチで、24時間前から86センチの増加。新潟県津南町は142センチで、57センチ増加しました。富山市内でも写真のような積雪となりました。

また、太平洋側にも一部雪雲が流れ込んでいて、福島県伊達市でも、写真のように積雪となっています。

さらに、きょうは、午前中に熊本で初雪の観測がありましたが、午後になって大分、高松、岡山でも初雪が観測されました。

この雪はあす(17日)にかけて断続的に降り続く予想です。日本海側の地域では、積雪や路面の凍結による交通障害に警戒・注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい