中国地方 あす(17日)の朝にかけて中国山地を中心に大雪のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 あす(17日)の朝にかけて中国山地を中心に大雪のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


中国地方の上空には真冬並みの寒気が流れ込んでおり、きのう(15日)から中国山地を中心に本格的な雪になっています。

これからあす(17日)の朝にかけても強い寒気が居座るため、山陰と山陽の北部では断続的に雪が降り、山間部を中心に大雪になるところがあるでしょう。

引き続き、路面の凍結には十分にご注意ください。

山陰と中国山地沿いの雪は今夜から強まるおそれ

きのうからきょうにかけて、中国地方は山陰と山陽の北部を中心に断続的に雪が降りました。

午前11時の積雪は、大山(鳥取)で68cm、鳥取市で24cmで、24時間の降雪量は大山で34cm、鳥取市でも19cmに達しました。

午前11時40分現在、活発な雨雲が鳥取県沖の日本海まで北上していますが、今夜にかけて再び南下し、山陰の東部を中心に雪の降り方が強まるおそれがあります。

山陰の雪は今夜からあすの朝にピークを迎える

現在、山陰沖の日本海に見られる活発な雪雲は、きょうの午後6時には鳥取県の東部にかかり始め、あすの朝にかけて広く鳥取県を覆う見込みです。

その一部は、島根県の東部から広島県の備北地方にもかかるでしょう。

赤丸で囲んだところでは、北西の風と西寄りの風がぶつかり合い、雪雲が発達するおそれがあります。

なお、予想図に比べて雪雲の活動が強まったり、範囲が変わる可能性もあります。

また、鳥取県の山間部では警報級の大雪になる可能性もありますので、今後の気象情報や交通情報には引き続きご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい