週間 寒気流入ピーク 日本海側は北陸中心に大雪続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 寒気流入ピーク 日本海側は北陸中心に大雪続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


強い寒気の流れ込みは、17日(木)頃にかけてがピークに。北陸を中心に日本海側は大雪が続きそう。

木曜にかけて寒気南下

全国的な寒気流入のピークは、17日(木)頃にかけてとなるでしょう。山陰から北海道の日本海側では雪雲がかかり続け、北陸を中心に大雪に警戒が必要です。東海など太平洋側も雪雲が流れ込んで、市街地でも積雪となる所があるでしょう。

あす16日(水)午前6時から17日(木)午前6時までの24時間に予想される雪の降る量は、北陸で70センチ~100センチ。新潟県の山沿いを中心に、雪の量が多くなりそうです。きょう(15日)からあす(16日)の明け方にかけての予想降雪量は、北陸の多い所で90センチ。積雪が一気に1メートルくらい増える所もあるでしょう。また季節風が強く吹いて、全国的に厳しい寒さも続きそうです。

北日本は寒気の影響が続く

週末にかけても冬型の気圧配置が続きます。日本海側の地域は雲が広がりやすく、北陸は雪や雨、東北と北海道の日本海側は、雪の降る日が続くでしょう。北日本を中心に寒気の流れ込みが続き、大雪の峠を越えても、雪の降り方が強まることもありそうです。

一方、太平洋側の地域は晴れる日が多く、18日(金)になると少し寒さが和らぐでしょう。それでも最高気温は平年並みの所が多く、東京も10度前後と寒さが続きます。朝晩もグッと冷え込みますので、暖かい服装を心がけてください。また沖縄は湿った空気の影響で、曇りや雨のぐずついた天気でしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい