日本海側で大雪 北陸山沿いで24時間降雪量90センチ 警報級のおそれも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側で大雪 北陸山沿いで24時間降雪量90センチ 警報級のおそれも

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像D

画像D


強い寒気が日本付近に流れ込み、17日にかけて日本海側を中心に大雪のおそれ。東海や近畿の平地でも積雪となる可能性があります。

17日にかけて日本海側を中心に大雪か 太平洋側でも雪の可能性

日本付近は冬型の気圧配置が強まり、明日以降も強い寒気の流れ込みが続く見込みです。

これから17日(木)にかけて、北海道から山陰にかけての日本海側の地域を中心に断続的に雪が降り、平地でも大雪となるおそれがあります。

また、寒気の吹き出しが強まって、関東北部や長野県北部、岐阜県などでも大雪となり、雪雲が太平洋側にも流れ込んで、愛知県や三重県、近畿地方南部の平地でも雪が降る可能性があります。

予想される降雪量 北陸山沿いで24時間降雪量 最大90センチも

各地で24時間に予想される降雪量は、以下の通りです。

<14日午後6時から15日午後6時まで>

※いずれも、その地方や地域で予想される最大の降雪量。

・北陸地方         (山沿い)80センチ、(平地)30センチ

・東北地方         (山沿い)70センチ、(平地)50センチ

・関東地方北部、長野県北部 (山沿い)60センチ

・近畿地方、中国地方    (山地)50センチ、(平地)15センチ

・北海道地方        (日本海側)50センチ

・東海地方         (山地)40センチ、(平地)10センチ

<15日午後6時から16日午後6時まで>

いずれも、その地方や地域で予想される最大の降雪量。

・北陸地方         (山沿い)70~90センチ、(平地)30~50センチ

・東北地方         (山沿い)60~80センチ、(平地)40~60センチ

・関東地方北部、長野県北部 (山沿い)60~80センチ

・近畿地方          (山地)50~70センチ、(平地)20~40センチ

・北海道地方         (日本海側)40~60センチ

・東海地方          (山地)40~60センチ、(平地)20~40センチ

・中国地方          (山地)20~40センチ、(平地)10~20センチ

いずれも、その地方や地域で予想される最大の降雪量ですが、最も多い予想となっている北陸地方の山沿いでは、最大で24時間に90センチもの雪が降ると予想されています。

17日(木)にかけて北海道や東北の日本海側と、北陸と東海、近畿の山沿いや山地では、警報級の大雪となるおそれもあります。さらに北海道や東北では風も強まり、ふぶく所もあるでしょう。

今シーズン最初の大雪 交通機関への影響に注意を

今回は、山地や山沿いだけでなく、平地でもまとまった雪となる所が多い見込みです。広く交通への影響が出る可能性があります。

車を運転される方は、必ず、スタットレスタイヤに交換するか、タイヤチェーンの装着をしましょう。また、スタットレスタイヤの点検も忘れないようにしましょう。また、時間に余裕をもって行動し、慎重な運転を心掛けましょう。また、徒歩の場合も、滑りやすい場所では十分に注意しましょう。積雪時は、動きやすい服装で、荷物はなるべく持たないようにし、狭い歩幅でまっすぐ踏み込むように歩きましょう。無理な外出を控えるのも一つの対策です。

この先も、最新の気象情報をこまめにチェックするようにして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい