北陸 山地を中心に警報級の大雪のおそれ!! 雪への備えは万全に!! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北陸 山地を中心に警報級の大雪のおそれ!! 雪への備えは万全に!!

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょうは、富山・金沢・福井で初雪が観測されました。富山など平地でも既に積雪になっている所があります。このあと、17日にかけて山地を中心に警報級の大雪となるおそれが出てきています。また、平地でも降雪量が多くなる所があるでしょう。

各地で初雪、積雪のところも

きょうは、冬型の気圧配置が強まり、上空にはこの冬初めての本格的な寒気が流れ込みました。富山・金沢・福井では初雪が観測され、特に富山では、初雪がいきなり積雪となりました。18時現在の富山の積雪は8センチとなっています。

16日が寒気のピーク、山地を中心に警報級の大雪?

今夜から明日(15日)の朝にかけては、上空に更に強い寒気が流れ込み、現在雪の積もっていない所でも広く積雪となります。各気象台の予想によると、明日(15日)の朝6時にかけては、新潟や富山の山地では多い所で40センチ、平地でも新潟の中越や富山など多い所で20センチの降雪となるでしょう。15日の日中も雪が降り続き、新潟の中越や上越・富山の山地では多い所で40センチ、平地でも多い所で20センチの降雪が予想されています。

寒気のピークは15日夜~16日朝とみられ、輪島の上空1500メートル付近には氷点下10度以下、3000メートル付近には氷点下23度以下、5500メートル付近には氷点下35度以下の非常に強い寒気が流れ込むでしょう。その後も寒気が居座り、17日まで雪の降りやすい状態が続くでしょう。

このため、15日夜以降も降雪量はさらに増え、15日18時から16日18時までに予想される24時間降雪量は、多い所で平地で30~50センチ、山地で70~90センチとなる見込みです。山地を中心に警報級の大雪となる可能性があります。

路面凍結にも注意

北陸地方では、車通りの多い道では融雪装置が付いていますが、生活道路など細い道では融雪装置が付いておらず、道路にもしっかりと雪が積もりそうです。また、17日にかけて最低気温は0度前後まで下がる予想で、市街地など車通りの多い所でも路面凍結に注意が必要です。通勤や通学の際は、時間に余裕をもってお出かけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい