ふたご座流星群 14日夜もまだチャンスあり! 今夜見える所は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ふたご座流星群 14日夜もまだチャンスあり! 今夜見える所は?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


昨夜13日夜から14日未明にかけて、ふたご座流星群がピークでしたが、見逃してしまった方はまだあきらめないで!今夜14日夜から15日未明にかけても、流れ星観測のチャンスがあります。

ふたご座流星群 ピーク過ぎても今夜まだチャンスあり!

昨日13日の夜から14日明け方にかけて、三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が見られるピークでしたが、皆さん、ご覧になりましたか?

しまった!見逃してしまった!という方も、まだあきらめないでください。流れ星の極大はすぎてしまったものの、今夜14日夜から15日明け方にかけてもまだチャンスがあります。昨夜の半分ほどの数にはなるものの、最大で1時間に20個程度の流れ星が出現する可能性があります。

流れ星が見られる時間帯は、大体14日午後8時から明け方にかけてで、日付がかわる頃には最も流れ星の数が多くなります。

ふたご座流星群は毎年この時期になると見ることができますが、月齢によってその見易さの条件が変わります。今年は、15日が新月のため、月明かりの影響がなく観測には好条件です。ぜひ、今夜晴れる予想の地域の方は、今年のこのチャンスを逃さないようにしましょう。

それでは、気になる天気を見てみましょう。

今夜の天気 晴れてふたご座流星群の観測のチャンスがあるのは?

14日の夜は、北海道から九州の日本海側と沖縄ではあいにくの天気となりますが、北海道から九州の太平洋側の地域では、雲が出やすいものの、晴れ間の出る所もあるでしょう。今夜も流れ星観測のチャンスがありそうです。

一方で、日本付近には強い寒気が流れ込んできているため、夜間はかなり冷え込みが強まる見込みです。天体観測をされる方は、しっかりと防寒対策をした上で、流れ星探しを楽しんでみて下さいね。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい