九州 14日~17日真冬並みの寒さが続く 雪がちらつく所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 14日~17日真冬並みの寒さが続く 雪がちらつく所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう14日(月)、全国的に冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込んでいます。けさ山口県下関市では初雪が観測されました。九州は、今週17日(木)にかけて冷たい北より季節風が吹いて、真冬並みの寒さが続く見込みです。山沿いを中心に平野部でも一時的に小雪がちらつく所もありそうです。特に、山沿いは積雪や路面の凍結に注意が必要です。

風が冷たく、厳しい寒さ

きょう14日(月)、九州付近は冬型の気圧配置が強まっています。けさ山口県下関市では初雪(平年より6日遅い)が観測されました。きょう午後は九州北部の上空1500メートル付近に-10度前後と今シーズン一番の強い寒気が流れ込む見込みです。

九州付近は晴れ間もでますが、寒気の低い雲が広がる所が多いでしょう。日中の気温は6度前後で、冷たい季節風が吹き一段と寒さが厳しく感じられそうです。夜はさらに冷え込みが強まりますので、しっかり防寒対策をしておでかけ下さい。

また、沿岸海上は北西の風が強く、波が高くしける所もあります。船舶は強風・高波に十分ご注意下さい。

今週17日(木)まで真冬並みの寒さ

強い寒気の流れ込みは、きょう14日(月)午後~16日(水)にかけてピークになり、17日(木)まで続く見込みです。山沿いを中心に平野部でも小雪がちらつく所があるかもしれません。

雪は降っても降雪量は少ない見込みですが、山沿いは積雪や路面の凍結のおそれがありますので、峠越えをするドライバーの方は雪への備えをしておきましょう。

また、17日(木)にかけて最高気温は10度に届かない所が多く、真冬並みの寒さが続くでしょう。特に、晴れると放射冷却で朝晩の冷え込みが一層強まり、最低気温は0度前後まで下がる所が多くなる見込みです。

急な厳しい寒さで体調を崩さないように、健康管理に気をつけてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい