中国地方 14日(月)から17日(木)にかけて今季初の寒波の襲来に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 14日(月)から17日(木)にかけて今季初の寒波の襲来に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


中国地方は、あす(12日)までは山陽を中心に日差しに恵まれ、日中は比較的過ごしやすいでしょう。しかし、日曜日は天気と気温の変わり目になり、月曜日からは真冬並みの寒さになる見込みです。

山陰と山陽の北部は雪の降る所が多くなり、山陽の南部でも雪の舞うところがあるでしょう。

月曜日からは気温が急降下する上に、西寄りの季節風も強まり、日中でも寒さが厳しくなる見込みです。

来週は西日本の上空に強い寒気流入

14日から16日にかけては、中国地方の上空(1500m付近)に-6℃以下の強い寒気が流れ込む見込みです。-6℃は地上で雪が降る目安となる寒気で、中国地方は期間を通してその寒気にすっぽりと覆われるでしょう。

山陰は広い範囲で雪が降り、平野部でも今シーズン初めて雪が積もるおそれがあります。

山陽でも雲が広がりやすく、沿岸部でも雪の舞うところがあるでしょう。

全般に西寄りの季節風が強まり、山陰など見通しの悪くなるところもある見込みです。

また、山陰や山陽の北部を中心に路面の凍結するおそれがあるため、車の運転など十分な注意が必要です。

今シーズン初めての雪道に備えて

週明けの月曜日以降は、山陰や中国山地沿いを中心に次第に雪の積もるところが多くなる見込みです。

この週末は、雪道の運転に備えてスタッドレスタイヤに変えたり、タイヤチェーンを準備したりするようにしましょう。

雪道に慣れた山陰の方でも、今シーズン初めて雪道を経験する可能性があるため、ゆっくりと慎重な運転を心がけましょう。

雪道での渋滞に備えて、時間には余裕をもって出発するようにしたいものです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい