3日 冬型の気圧配置 北陸雷 北海道降雪量多く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3日 冬型の気圧配置 北陸雷 北海道降雪量多く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


3日は西高東低の冬型の気圧配置になる。日本海側では曇りで雨や雪。大陸から強い寒気が流れ込み、北海道は、あす4日にかけ降雪量が多くなるおそれ。北陸は3日午後を中心に落雷、突風に注意を。太平洋側は晴れる所が多い。

きょうの天気 日本海側不安定 雨や雷雨で雪や吹雪も

きょう3日(木曜日)は、日本付近は西高東低の気圧配置ですが、日本海を小さな低気圧が東に進むでしょう。寒気を伴った低気圧です。

北海道では、北部や日本海側を中心に雪が降るでしょう。北部ではふぶく所がある見込みです。太平洋側だいたい晴れますが、雪のちらつく所があるでしょう。全道的に、西よりの風の強い状態が続くため、海上は高波にも要注意です。

東北は、各地雲が広がりやすく、北部と日本海側を中心に雪か雨が降るでしょう。北西の風の季節風が冷たい見込みです。

関東甲信は、昼ごろまで雲が広がりやすい見込みですが、午後は晴れる所が多いでしょう。陽ざしが戻ってきます。北部の山沿いと長野県北部では、夜になって雪か雨の降る所があるでしょう。

東海は、広い範囲で晴れますが、静岡県内では西よりの風が強まるでしょう。飛騨地方北部では雨か雪の所がある見込みです。

北陸は雨が降りやすく、カミナリを伴う所があるでしょう。北陸では「ブリ起こし」とも呼ばれる、この時期のカミナリですが、落雷や突風に、ご注意下さい。

近畿は、中部や南部では晴れますが、北部では、午後を中心に雨が降りやすくなるでしょう。北西の風が、やや強く吹く所が多い見込みです。

中国地方は、山陽側では晴れるでしょう。中国山地や山陰側では雲が多く、鳥取県と島根県、岡山県北部で午後にかけて雨が降る降る見込みです。

四国各地は、晴れますが、午後は雲が広がることがあるでしょう。

九州は、南部ほどよく晴れるでしょう。北部では朝晩を中心に雲が広がりやすい見込みです。

沖縄と奄美は、曇りや雨の一日になるでしょう。大陸の高気圧から吹き出す湿った北東の風がやや強く、宮古島や石垣島、大東島では強く吹くでしょう。海上を中心に強風や高波に、ご注意下さい。

きょうの気温 平年を上回る所が多い 北海道と東北は低め

きょう3日(木曜日)の最高気温は、きのうと同じか低い所が多くなりますが、関東甲信は5℃前後高く、こちらは寒さが緩むでしょう。

北海道は、太平洋側で5℃前後の所がありますが、オホーツク海側や日本海側では0℃前後の所が多い予想です。一日中0℃未満の真冬日になる所があるでしょう。多くの所で、平年並みか低めです。

東北は、北部と日本海側では5℃前後で、南部の太平洋側で10℃前後でしょう。きのうより寒い所が多くなりそうです。

関東甲信は、平地は15℃前後。北部の山沿いや長野県北部から中部は13℃前後でしょう。きのうに比べて高い所が、ほとんどです。寒かったきのうに比べて、ホッとできるでしょう。

東海は、平野部は18℃前後。山沿いでは15℃以下。きのうと同じか高くなりますが、飛騨地方は、寒くなる見込みです。

北陸は、新潟は12℃前後で、10℃を下回る所もあるでしょう。北陸3県は、14℃前後で、平年並みか2℃くらい高い予想です。北陸各地は、平年より高い所もありますが、暖かさは感じないでしょう。

近畿は、15℃前後で。平年より2℃前後高い予想です。風がヒンヤリと感じられそうです。暖かくして、お過ごしください。

中国地方は、山陰側で13℃前後で、平年並みの予想です。山陽側で16℃くらいで、平年より2℃前後高いでしょう。陽だまりでは暖かさを感じられる気温です。

四国は、15℃から18℃で、平年より2℃くらい高くなりますが、きのうと同じか低い予想です。

九州は、平年並みか2℃くらい高い気温です。北部では16℃前後。南部は18℃から20℃ですが、九州でも、きのうより低くなる所が多くなりそうです。

沖縄と奄美は、24℃前後の予想で、平年並みか2℃高い気温ですが、肌寒さを感じる方が多いでしょう。湿った北東の風が吹いて、日差しが超控えめになるためです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい