1日 太平洋側は広く晴れ 日本海側は雪や雨 北海道は大雪の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1日 太平洋側は広く晴れ 日本海側は雪や雨 北海道は大雪の所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


師走のスタートは上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込み、北日本の日本海側を中心に雪や雨が降るでしょう。北海道では大雪となる所もありそうです。一方、太平洋側は大体晴れる見込みです。

冬型の気圧配置 北海道では大雪の所も

きょう12月1日(火)は日本付近は冬型の気圧配置となっています。上空にはこの時期としては強い寒気が北日本を中心に流れ込んでいます。きょうは北海道は日本海側を中心に雪が降るでしょう。既に大雪となっている所があり、幌加内(ほろかない)町では積雪が50センチを超えています。この後もさらに積雪が増えるでしょう。太平洋側は大体晴れますが、所々で雪が舞いそうです。東北の日本海側も雪や雨が降ったりやんだりでしょう。太平洋側は晴れますが、山を越えて雪雲が流れ込む所がありそうです。北陸から山陰は雲が多く、雨の降る所が多いでしょう。一方、関東から九州は太平洋側を中心に大体晴れそうです。日差しがたっぷり届くでしょう。沖縄は高気圧の縁にあたり、湿った空気の影響を受けやすいため、曇りや雨となりそうです。

この時期らしい寒さ 北海道では多くの所で真冬日に

今朝は、全国的に冷え込みが強まっています。全国で最も冷え込んだのは北海道陸別町で、午前6時までの最低気温はマイナス12.0度まで下がっています。また西日本でも放射冷却の影響で各地で冷え込みが強まり、内陸部を中心に気温が氷点下となっている所もあります。日中の最高気温は、北海道と東北北部を中心に平年より低くなりそうです。12月中旬から下旬並みで、北海道では日中も0度に届かず、真冬日となる所が多いでしょう。東北南部と北陸、関東から九州、沖縄は平年並みでこの時期らしい寒さになりそうです。日差しの下では暖かく感じられますが、北風が吹きますので、日陰ではグッと寒く感じられるでしょう。朝と日中との寒暖差も大きくなりそうです。体調を崩さないようにお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい