寒い師走のスタート 朝は3割以上で0度未満 北海道で真冬日も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒い師走のスタート 朝は3割以上で0度未満 北海道で真冬日も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


師走のスタートは「寒い」一日に。全国の3割以上の地点で朝は0度未満、北海道では最高気温が0度に届かない「真冬日」の所も。

冬の冷たい空気 朝は冷え込む

あす(1日)も上空には冷たい空気の流れ込みが続きます。平地で雪が降る目安の寒気(上空1500メートル付近でー6度以下)が、東北北部をすっぽり覆います。北海道はー12度以下、初冬としては強い寒気が流れ込みます。

最低気温は、けさ(11月30日)と同じくらいの所が多く、全国のアメダス地点の3割を超える地点で0度未満「冬日」になりそうです。北海道はー10度以下の所もあり、厳しい冷え込みでしょう。全国的に空気が冷えている中で、晴れる地域では放射冷却が強まり、西日本を中心にけさよりも冷え込む所もありそうです。今夜は暖かくしてお休み下さい。

師走らしい寒さ 最高気温も0度未満の所も

雪が降るのは、北海道や東北北部の日本海側。午前中を中心に雪の降り方が強まり、平野部でも一気に積雪が増えるおそれがあります。朝の冷え込みも厳しいですが、日中もあまり気温が上がりません。北海道の旭川の予想最高気温は-2度。今シーズン初めて最高気温が0度未満の「真冬日」になりそうです。東北南部の日本海側や北陸から山陰も冷たい雨が降って、寒さが続くでしょう。

北海道から中国・四国の太平洋側、九州は晴れても、北または西よりの風が冷たく感じられそうです。最高気温は平年並みの所が多く、関東から西では15度から17度くらい。初冬らしい寒さでしょう。

12月から2月までが、天気では「冬」。冬の始まりは寒い一日になりそうです。あすは風を通しにくい、暖かい服装を心がけて下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい