26日 晴れる太平洋側を中心に気温上昇 関東は冬の寒さ解消 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

26日 晴れる太平洋側を中心に気温上昇 関東は冬の寒さ解消

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


きょう(26日)の日中は太平洋側を中心に晴れて、気温が上昇。関東は師走の寒さから一転、気温がグンと上がって11月下旬としては暖かくなりそう。

日本海側を中心に所々で雨や雪

きょう(26日)は、太平洋側を中心に晴れる所が多いでしょう。ただ、北日本を気圧の谷が通過中で、昼頃までは東北は所々で雨。北海道は雪や雨の降る所があるでしょう。北陸は夜にかけても、局地的に雨が降りそうです。

また朝鮮半島付近には気圧の谷に伴う雲が広がっていて、雨雲も一部含まれています。この雲が九州や中国地方にかかり、昼頃からは所々でにわか雨があるでしょう。晴れる四国や近畿、東海も夕方以降は雲が増えて、夜は雨のぱらつく所がありそうです。関東も夜遅くなってから、沿岸部を中心に所々で雨が降るでしょう。

日中の気温 きのうより大幅UPの所も

最高気温は、平年より高い所がほとんどです。

沖縄は半袖の陽気で、那覇は2日連続の夏日に。九州から関東は20度くらいまで上がる所もあり、日差しのもとでは過ごしやすいでしょう。特に関東はきのう(25日)に比べると大幅に高く、師走並みの寒さが一転して暖かくなりそうです。都心はきのうの日中より10度ほど高く、昼間は軽めの上着があれば大丈夫でしょう。ただ、夕方以降はヒンヤリしますので、服装でうまく調節して下さい。

北陸や東北は15度前後の所が多く、この時期としては高い気温で経過しそうです。北海道は次第に寒気が流れ込み、内陸を中心に5度以下の所が多いでしょう。暖かくしてお過ごし下さい。

霧で見通し悪化

午前6時30分頃、東京都豊島区から撮影した写真です。霧が発生して、見通しが悪くなっています。

午前6時30分現在、九州から東北では濃霧注意報の発表されている地域があります。午前中は濃い霧で見通しの悪くなる所があるため、車を運転される際はいつも以上に慎重に。また鉄道など交通機関に影響が出ている所があり、最新の情報を確認してお出かけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい