汗ばむくらいの陽気 松江や鳥取、福井、富山で最も遅い夏日を記録 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

汗ばむくらいの陽気 松江や鳥取、福井、富山で最も遅い夏日を記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう18日も季節外れの暖気が流れ込み、西日本や東日本では所々で夏日(最高気温25℃以上)に。松江市や鳥取市、福井市、富山市では統計開始以来、最も遅い夏日となっています。

最も遅い夏日も

きょう18日も日本列島には季節外れの暖かな空気が流れ込み、気温がグングン上がっています。特に、西日本や東日本では夏日(最高気温が25℃以上)となっている所があります。午後3時までの最高気温は、松江市で25.2℃、鳥取市で25.3℃、福井市で25.4℃、富山市で26.1℃まで上がり、統計開始以来、最も遅い夏日となりました。また、佐賀市や熊本市、大分県日田市などでは2日連続で夏日となりました。

コートがいらないどころか、日中は半袖で過ごせるくらいの陽気となりました。

あすも所々で夏日

あす19日も季節外れの暖かさが続くでしょう。最高気温は平年より高い所が多く、西日本や東日本では所々で夏日になりそうです。日中は薄着で過ごせるくらいですが、夜はヒンヤリしますので、羽織るものがあると良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい