九州で激しい雨 夜~あす明け方は東海付近でも雨雲発達か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州で激しい雨 夜~あす明け方は東海付近でも雨雲発達か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


17日、九州付近では局地的に雨雲が発達しています。宮崎県で1時間に40ミリ以上の激しい雨が降った所がありました。

宮崎県で1時間に40ミリ以上の激しい雨を観測

17日、日本付近は高気圧に覆われて、晴れている所が多くなっています。ただ、高気圧の縁にあたる九州南部には、東の海上から暖かく湿った空気が流れ込み、雲が広がっている所があります。雲は局地的に発達しており、宮崎県日南市油津では10時49分までの1時間に44.5ミリの激しい雨を観測しました。

九州 夜にかけて所々で雨や雷雨

九州では、17日夜にかけて一時的に雨が降る所があるでしょう。特に宮崎県や大分県では、発達した雨雲やカミナリ雲がかかることがある見込みです。

東海付近でも夜~あす明け方にかけて雨雲発達か

雨の降り方に注意が必要なのは、九州だけではありません。17日夜は東海付近も高気圧の縁にあたり、暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。さらに18日朝にかけて上空5500メートル付近でマイナス18℃以下の寒気が、本州付近に流れ込むため、東海付近は大気の状態が非常に不安定になります。近畿の太平洋側や東海では、17日夜から18日明け方にかけて所々で雨や雷雨でしょう。東海では激しい雨が降ることもありそうです。カミナリ雲の下では、竜巻などの激しい突風が吹くことがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある時は、建物の中など安全な場所に移動して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい