あす朝にかけて寒気流入 冷え込みは金曜日にかけて更に強まる所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす朝にかけて寒気流入 冷え込みは金曜日にかけて更に強まる所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


寒気の流れ込みは11日(水)朝にかけて続きます。朝の冷え込みは、そのあと強まる所もあり、13日(金)にかけて、最低気温は全国的に平年並みか低い日が続くでしょう。

11日(水)朝にかけて寒気流入続く 全国的に寒い朝

10日(火)、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置になっており、11日(水)朝にかけて、東北北部まで上空1500メートル付近でマイナス6℃以下の寒気の流れ込みが続くでしょう。12月下旬から1月上旬並みの寒気です。北海道のオホーツク海側や日本海側、東北の日本海側と北陸を中心に雪雲や雨雲がかかるでしょう。

11日(水)の最低気温は、10日(火)と同じくらいの所が多いでしょう。北海道は0℃を下回る所があり、東北は北部を中心に5℃以下の予想です。関東から九州も10℃を下回る所が多いでしょう。

12日(木)~13日(金) 冬型の気圧配置が緩むが朝の冷え込み続く

11日(水)日中は次第に冬型の気圧配置は緩み、日本付近は移動性の高気圧に覆われる見込みです。北海道から北陸にかけての雪や雨は次第にやみ、天気は回復に向かいます。13日(金)朝にかけても高気圧に覆われて穏やかに晴れる所が多いでしょう。このため、夜は地面から熱が奪われる放射冷却現象が強まります。冷え込みのピークは、おおむね12日(木)と13日(金)で、最低気温は、平年並みか低くなる所が多い見込みです。関東から九州でも10℃を下回る朝が続き、内陸を中心に霜が降りるくらい冷え込む所もあるでしょう。暖かくしてお休み下さい。

14日(土)~来週初め 冷え込み緩む

ただ、この冷え込みのピークが過ぎると、日本付近は比較的暖かい空気に覆われる見込みです。13日は次第に寒冷前線が北日本付近を通過するため、北海道や東北を中心に雨が降りますが、雪になるのは、北海道の標高の高い所でも一部でしょう。前線の通過したあと流れ込む寒気は、北海道付近に限られ、一時的です。平地で雪を降らせるほどではないでしょう。

14日(土)から来週初めにかけて、朝の冷え込みは緩む所が多く、最低気温は平年並みか高い所が多くなる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい