週間天気 全国的な寒さ 水曜日頃まで 北海道は雪や吹雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 全国的な寒さ 水曜日頃まで 北海道は雪や吹雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


昨夜から日本付近に寒気が流れ込み、北海道は日本海側を中心に雪で、東北北部からも初雪の便り。寒気は水曜日頃まで居座る見込み。

あす 北海道は雪でふぶく所も 東北の平地も積雪・凍結注意 晴れる所も空気は冷たい

昨夜から今朝にかけ、全国的に冷たい風が強まって気温がグッと下がりました。北海道は雨から次第に雪に変わり、青森や盛岡でも初雪を観測。この先しばらく寒気の流入が続きます。

あす10日(火)、「平地で雪」の目安となる上空1500m付近でマイナス6度以下の寒気は、東北北部を覆うでしょう。「山で雪」の目安となる上空1500m付近で0度以下の寒気は、本州の南岸まで流れ込む見込みです。

北海道は日本海側を中心に雪で、市街地も雪が積もるおそれがあります。雪に慣れている地域とはいえ、シーズン初めは雪道を運転する感覚が戻らず、事故が起こりやすい傾向があります。さらに、風がやや強く吹いて、ふぶいて見通しの悪くなる所もあるでしょう。車間距離を十分にとり、急ブレーキや急ハンドルを避け、慎重な運転を心がけてください。

東北北部も冷たい雨や雪。平地でも内陸では雪が積もったり、路面が凍結するおそれがあります。

東北南部や北陸から関東北部にかけての山沿いや、長野と岐阜の山沿いも雪の降ることがあるでしょう。峠越えの車は冬の装備が必要です。また、近畿北部や中国地方の標高の高い所にも雪雲のかかる可能性があり「初冠雪」となる山もありそうです。

関東から中国地方にかけての平野部や四国、九州は広く晴れますが、気温は日中も15度くらいの所が多く、日差しのもとでも肌寒いでしょう。これまでより少し厚手の上着を用意すると良さそうです。沖縄は曇りや雨で、こちらもヒンヤリです。

その先の天気や気温

あさって11日(水)も寒気の影響が続きます。北海道や東北は午前を中心に雪や雨で、北陸周辺も冷たい雨や雪の所があるでしょう。晴れる関東から西も気温はあまり上がらず、寒さが続きます。

12日(木)は、日本付近は高気圧に覆われ、寒気も次第に離れるでしょう。雪や雨はやんで、全国的に晴れる見込みです。風も比較的穏やかでしょう。ただ、そのぶん放射冷却が強まって、朝の気温がグッと下がります。今シーズンこれまでで一番の冷え込みとなる所も多いでしょう。

13日(金)以降は、南からの暖かい空気が流れ込んできます。気温が平年よりやや高くなるでしょう。北海道や東北はたびたび低気圧や前線の影響を受けますが、降るものは雪ではなく雨となりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい