寒気流入へ 北海道では降雪が続く 週後半は一転!全国的に気温は高めに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒気流入へ 北海道では降雪が続く 週後半は一転!全国的に気温は高めに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


8日夜から11日にかけて、日本付近に強い寒気が流れ込みます。北海道では降雪が続き、大雪の可能性も。ただ、週後半は、全国的に気温は高めとなり、12月初めにかけて季節の進みはゆっくりでしょう。

8日夜 寒気流入へ

8日夜は、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置になり、寒気が流れ込む見込みです。広く西または北よりの風が強まり、北海道は雪や雨が降るでしょう。東北や北陸も日本海から雨雲が流れ込み、標高の高い所は雪になる見込みです。関東甲信の山にも雪雲がかかるでしょう。

9日~11日 寒気の流れ込み続く 北海道では降雪が続く 本州でも初雪か

寒気の流れ込みのピークは、9日から10日で、上空1500メートル付近でマイナス6℃以下の寒気(平地で雪の目安とされる寒気)が東北北部まで、0℃以下の寒気(山で雪の目安とされる寒気)が本州の南まで流れ込む見込みです。さらに北海道の上空5500メートル付近では、マイナス36℃以下の寒気が流れ込むでしょう。真冬に度々流れ込む強い寒気です。このため、雪雲は発達しやすいでしょう。寒気の影響は、11日の前半にかけて、およそ3日間続きます。

北海道では雪が降り続き、降り方が強まることがあるでしょう。降り続く雪で、大雪になる可能性があります。東北北部にも日本海から雪雲が流れ込み、太平洋側にも流れ出すでしょう。青森や秋田などから初雪の便りが届く可能性も。東北南部から中国地方には、日本海から雨雲が流れ込み、標高の高い所では雪になる所もあるでしょう。北陸付近では降水量が多くなることも考えられます。発達した雪雲や雨雲の下では、カミナリが鳴ったり、竜巻などの突風が発生することもあります。

一方、関東や東海、近畿から九州の太平洋側では、晴れる日が続く所が多いでしょう。

全国的に気温は平年より低く12月並みも

11日にかけて、最低気温、最高気温は、全国的に平年より低く、12月並みの所もある見込みです。関東などからも初氷や初霜の冬の便りが届きそうです。

週後半から気温高めに 12月初めにかけて季節の進みゆっくり

この寒気が抜けると、12日頃から日本列島は暖かい空気に覆われるでしょう。最低気温、最高気温は、全国的に平年並みか高くなる見込みです。北海道でも12日から13日は、日中は10℃を超える所が多いでしょう。14日に次の寒気が流れ込む予想ですが、この寒気は北海道が中心で、一時的です。さらに、12月初めにかけて、北極の寒気はシベリヤ方面に流れ込みにくく、大陸から日本への寒気の流れ込みは弱い傾向です。16日頃から20日にかけて最低気温、最高気温は、平年より高くなるばかりか、かなり高くなる所もある見込みです。本格的な冬に向かってはいきますが、その進みはゆっくりでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい