関東 「立冬」過ぎても「夏日」に迫るほど 週明けは一気に気温急降下 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 「立冬」過ぎても「夏日」に迫るほど 週明けは一気に気温急降下

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


7日(土)の「立冬」を過ぎても、関東は8日(日)は「夏日」に迫るほどの暖かさになりそうです。ただ、季節外れの暖かさは8日(日)だけ。9日(月)以降は一気に気温が急降下しそうです。

7日(土)は雨具を持ってお出かけを

関東地方は7日(土)は低気圧や前線が近づくため、雲に覆われるでしょう。夕方から次第に雨雲がかかる見込みです。お出かけの際は雨具があると安心です。最高気温は6日(金)よりも気温が上がり、20度を超える所が多いでしょう。日差しが少ないわりには気温は高めとなりそうです。8日(日)以降は徐々に冬型の気圧配置となり、関東は広く晴れる日が続く見込みです。

立冬を過ぎても上着なしで過ごせる暖かさ

8日(日)は関東の上空に暖かい空気が残り、日差しもたっぷり届くため気温が上がるでしょう。最高気温は平年より5度前後も高く、25度近くまで上がる所もありそうです。9月下旬から10月上旬並みの暖かさでしょう。7日(土)は「立冬」ですが、暦の上では「冬」になっても日中は上着がなくても過ごせるくらいになりそうです。朝晩の気温も10度を下回ることはなく、15度前後になるでしょう。ただ、この暖かな陽気は8日(日)までとなりそうです。

週明けは一気に気温急降下

9日(月)以降は一気に気温が急降下するでしょう。最高気温が20度に届く所はなく、各地17度前後になりそうです。平年並みの気温ですが、前日と比べると、寒暖差がかなり大きいでしょう。晴れるため、日差しのもとでは暖かく感じられそうですが、朝晩は冷え込みも強まります。各地で10度を下回り、熊谷や前橋など内陸部では今シーズン初めて5度を下回る所もあるでしょう。霜が降りるほど冷え込み、本格的に暖房の出番となりそうです。朝晩も外出される方は冬用のコートが必要になりそうです。体調も崩しやすくなりますので、体調管理にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい