週末紅葉どこ行く?紅葉見ごろ情報2020 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週末紅葉どこ行く?紅葉見ごろ情報2020

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす11月7日は、立冬。暦では冬を迎える。2020年の紅葉は山頂から麓に下り、街路樹もすっかり晩秋の装い。この週末、紅葉どこ行く?

紅葉見ごろ情報2020(11月6日最新)

11月に入り、街路樹はすっかり秋一色です。図は全国各地の紅葉の見どころから報告される色づき情報です。(※地点により観測対象となる樹木の種類や、観測している範囲が異なります。)きょう6日現在、見ごろを迎えているのは東北では岩手県や宮城県、山形県、福島県です。関東甲信でも栃木県や山梨県、長野県はちょうど見ごろとなっています。東海から九州でも、ほとんどの府県で色づきが始まっていて、この週末は各地の紅葉スポットが観光客で賑わいそうです。肝心の天気が気になるところです。

あす7日全国天気

あす7日は、低気圧や前線の影響で雨の降る所が多くなります。雨の降る時間帯は、九州では昼頃にかけてで、九州南部では雷を伴って激しく降る恐れがあります。四国や中国地方、近畿、東海、北陸は日中は雨が降りやすく、紅葉散策には傘が必要です。関東は雲が広がり、千葉や神奈川など南部で雨雲がかかるでしょう。紅葉狩りには折り畳みの傘を備えておきましょう。東北は太平洋側を中心に午前中ほど晴れて、秋の柔らかい日差しが訪れた人たちの周辺を赤いコントラストを演出しそうです。

※外出の際は、手洗い、咳エチケット等の感染対策や、『3つの密』の回避を心掛けましょう。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい