九州 6日~7日、南部を中心にまとまった雨 局地的に激しい雨も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 6日~7日、南部を中心にまとまった雨 局地的に激しい雨も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


今夜からあす7日(土)にかけて前線が九州の南岸付近へ延びてくるでしょう。あすにかけて九州南部を中心にまとまった雨となり、雷を伴い一時激しく降る所がある見込みです。雨の降り方にご注意下さい。この雨を境に、来週の前半は気温が下がり風が冷たくなるでしょう。

この時季としてはまとまった雨に

晴天をもたらした高気圧は東へ離れ、九州は湿った空気の影響で雲の多い天気に変わり、鹿児島県では雨が降り出している所があります。

きょうは東シナ海に前線が発生し、今夜からあす7日(土)朝に九州のすぐ南海上から九州南岸付近へ近づく見込みです。九州南部や熊本県はきょうの夕方以降は広い範囲で雨が降るでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、九州南部付近では雨雲が発達しやすく、雷を伴い局地的に激しく降るおそれがあります。

九州南部を中心に、あすにかけてこの時季としてはまとまった雨量になる見込みです。落雷や突風、雨の降り方にご注意下さい。

あすの午後には前線が離れるため、各地とも雨は止み天気は持ち直すでしょう。

「立冬」の雨を境に、気温下がる

あす7日(土)は二十四節気の「立冬」で、暦の上では冬に入ります。「立冬」の雨を境に、8日(日)は弱い冬型の気圧配置に変わり、次第に冷たい空気が流れ込むでしょう。来週は晴れる日が多くなりますが、来週の中頃にかけて気温は平年を下回り、日中も風が冷たくなる見込みです。雨の後の気温の変化にお気をつけ下さい。

来週の後半になると、暖かい空気が流れ込むため、寒さが和らぎ過ごしやすくなるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい