東北 9日(月)~10日(火) 東北北部で初雪か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 9日(月)~10日(火) 東北北部で初雪か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


8日(日)は、北日本付近は強い冬型の気圧配置となるでしょう。夜遅くには平地で雪を降らせるレベルの強い寒気が青森県付近まで南下してきそうです。この強い寒気は、10日火曜日にかけて、東北北部に居座る予想です。東北北部の平地で雪の降る可能性があり、冬の装備が欠かせません。

あす(金) 北と南で天気が分かれる

きのう(水)にかけて寒気が強まった影響で、東北の初冠雪が出そろいました。(きのう(水)泉ケ岳、瀧山、太平山、きょう(木)雁戸山、岩木山)

あす(金)は近づく低気圧に向かって暖気が入り、寒さは緩みますが、天気は東北の北と南で分かれそうです。

東北北部は雲の広がりやすい天気で、夕方以降は津軽や下北を中心に弱い雨の降る所がありそうです。

一方、東北南部では、日中はおおむね晴れる見込みです。

なお、宮城県東部には乾燥注意報が出ています。あす(金)まで空気の乾燥した状態が続くため、火の取り扱いに注意が必要です。また、福島県には霜注意報が出ています。朝は冷え込みが強まり、霜のおりる恐れがあります。農作物の管理に注意して下さい。

あさって(土) 季節を進める雨、8日(日) 山沿いを中心に雪

あさって(土)は、低気圧からのびる寒冷前線が北日本を通過するでしょう。

日本海側を中心に雨が降り、雨脚の強まる所がありそうです。外出する際は、大きめの傘をお持ち下さい。

8日(日)は、西高東低の冬型の気圧配置が強まり、夜遅くには上空1500m付近でマイナス6度以下(平地に雪を降らせるほど)の寒気が青森県付近に流れ込むでしょう。

東北北部や日本海側は雨や雷雨となり、山沿いを中心に雪の降る所がありそうです。また、季節風が強まり、山ではふぶく恐れもあります。車の運転や登山などは、十分な注意が必要です。一方、東北南部の太平洋側は変わりやすい天気で、にわか雨の所がありそうです。

9日(月)~10日(火) 東北北部の平地でも雪 スリップ事故に注意

東北地方の上空には、引き続き、この時期としては強い寒気が居座るでしょう。

9日(月)から10日(火)にかけても、日本海側では雨が降り、東北北部は平地でも雪の降る所がありそうです。このため、朝晩は冷え込んで、濡れた路面が凍結する恐れがあります。今シーズン初めての冬道でスリップ事故が起こりやすくなりますので、冬用タイヤの装着など早めの冬装備を心掛けて下さい。また、時間に余裕をもって出発し、ゆっくりと慎重に車を運転するとよさそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい