空気乾燥 午後も広い範囲でカラッと晴天続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

空気乾燥 午後も広い範囲でカラッと晴天続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


日本付近は移動性の高気圧に覆われて、晴れている所が多くなっています。空気が乾燥していて、午後0時30分までに埼玉県熊谷市では最小湿度が24%となりました。午後も広い範囲でカラッとした秋晴れの天気が続くでしょう。

晴れて空気が乾燥

日本付近は高気圧に覆われていて、北日本の日本海側や沖縄など一部を除いてたっぷりの日差しに恵まれています。晴れている所ではカラッとした乾燥した空気に包まれていて、湿度が低くなっています。きょう(5日)午後0時30分までの最小湿度は、埼玉県熊谷市で24%、水戸市と長野県諏訪市で26%で、それぞれ今シーズン最も湿度が低くなりました。午後も広い範囲で、カラッとした秋晴れの空が続くでしょう。にわか雨などは心配なさそうです。洗濯物も良く乾きますが、夕方以降は空気が一気にヒンヤリとします。取り込むのが遅くなると洗濯物が冷たくなってしまうので、乾いたら取り込んでしまうと良いでしょう。

また、乾燥注意報が発表されている地域がありますので、火の取り扱いに注意してください。肌も乾燥しますので、荒れてしまわないようクリームなどでケアするよう心掛けましょう。

あすは湿った空気が入りやすい

あす(6日)は高気圧の中心が日本の東の海上に離れるため、湿った空気が入りやすいでしょう。また、西日本は気圧の谷や前線の影響を受けて天気は下り坂です。あすの予想最小湿度は40%~50%くらいで、きょうほど空気は乾燥しない予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい