九州 今シーズン一番の冷え込み 山沿いは氷点下 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 今シーズン一番の冷え込み 山沿いは氷点下

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


けさの九州は各地で今シーズン一番の冷え込みになりました。熊本県阿蘇市乙姫では-1.9度まで下がるなど、九州の山沿いでは氷点下になった所が多くなりました。あす6日(金)から7日(土)は朝晩の寒さは和らぎますが、前線の通過で一時雨が降る見込みです。

九州の山沿いは氷点下

けさの九州は、移動性高気圧に覆われておだやかに晴れたため放射冷却現象が強まり、きのうに続いて各地で今シーズン一番の冷え込みになりました。最低気温は熊本県阿蘇市乙姫-1.9度、大分県由布市湯布院は-1.6度、宮崎県五ヶ瀬町鞍岡-1.2度など、九州の山沿いでは氷点下の冷え込みになった所が多く、福岡市や長崎市で7.2度、佐賀市で5.6度など平野部でも10度を下回り寒い朝でした。

きょうの日中は穏やかに晴れて、最高気温は20度前後と日差しの下では過ごしやすい陽気になる見込みです。山沿いや内陸部は朝と昼間の気温差が20度以上になる所もあり、一日の気温変化が大きくなりそうです。

この先も寒暖の変化に注意

あす6日(金)は移動性高気圧が九州から離れ前線が近づいてくるため、天気はゆっくりと下り坂に向かい、夜は雨が降り出す所が多くなるでしょう。7日(土)は前線や湿った空気の影響で、昼頃まで雨が降る見込みです。

あす6日(金)~7日(土)は暖かい空気の流れ込みで、朝晩の冷え込みは和らぐでしょう。ただ、この雨のあと、来週初めはまた一時的に寒気が流れ込み、気温が下がる見込みです。この先も寒暖の変化が大きいですので、体調管理にお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい