東北 上空には寒気流入 あす(金)は日本海側中心に雷雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 上空には寒気流入 あす(金)は日本海側中心に雷雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす(金)は気圧の谷や上空の寒気の影響で、東北の日本海側を中心に大気の状態が不安定となるでしょう。急な強い雨や落雷、突風、ひょうに注意して下さい。

あす(金)日本海側で急な強い雨や落雷などに注意

あす(金)は青森県や秋田県、山形県で大気の状態が不安定となるでしょう。日中を中心に局地的に雨雲が発達し、短い時間にざっと雨脚の強まる所がありそうです。また、発達した雨雲の下では、落雷や突風、ひょうが降る恐れがあります。雷の音が聞こえたら、できるだけ頑丈な建物に避難するようにしましょう。

岩手県や宮城県、福島県では日中、日差しの届く所が多いですが、日本海側との県境付近を中心に、にわか雨の可能性があります。空模様の変化に注意して下さい。

あす(金)予想最高気温は11月上旬~中旬並み 肌寒い一日に

上空に寒気が流れ込むため、あす(金)の日中は気温の上がり方が鈍く、最高気温は11月上旬~中旬並みの所が多いでしょう。また、西寄りの風がやや強く吹き、体感的には最高気温の数字よりも寒く感じるかもしれません。外出の際は、厚手の上着や風を通しにくい服装でお出かけ下さい。

なお、来週3日(月)~4日(火)にかけては、今回よりもさらに強い寒気が東北地方へと流れ込む予想です。今のうちから冬物の服を準備しておくと良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい