27日 秋晴れ 関東と東北は雲が広がりやすい 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

27日 秋晴れ 関東と東北は雲が広がりやすい

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


27日は、移動性高気圧に覆われて秋晴れになる所が多い見込みです。例外は、関東と東北日本海側で、雲が広がりやすく、所々雨が降りそう。最高気温は、26日とほぼ同じで、この時期らしい陽気。

日本付近は高気圧の通り道 関東や東北は気圧の谷がいたずら

27日(火曜日)も、日本付近は高気圧の通り道になっています。一見すると何も邪魔をするものがない天気図なのですが、関東付近と東北付近には気圧の谷があって、秋晴れの邪魔をしそうです。各地の天気を詳しく、ご覧ください。

27日 秋晴れ 関東と東北日本海側を中心に雲が広がりやすい

【北海道】朝晩を中心に雲の広がる所がありますが、日中は晴れる所が多いでしょう。午前中は、宗谷、石狩、オホーツク海側で雨の降る所がありそうです。また、釧路と根室では昼頃まで霧のかかる所があるでしょう。

【東北】日本海側では、気圧の谷と寒気の影響で、午前中ほど雲が広がりやすく、雨の降る所があるでしょう。太平洋側では、朝晩を中心に雲の広がる所がありますが、日中は青空が広がる見込みです。紅葉が、麓にも降りてきて、青空と紅や黄色とのコントラストが目にまぶしいくらいでしょう。午前中は、福島の所々で霧がかかりそうです。秋の霧は太陽が高くなると、いつの間にか消えてしまうのが特徴です。

【関東】気圧の谷のいたずらで、雲が広がりやすいでしょう。群馬、栃木、茨城、埼玉など北部ほど晴れ間がありますが、秋晴れと称するのには、ほど遠い晴れ間です。夕方から夜にかけては、雨の降る所がある見込みです。通勤通学をされる方やお出かけの方は、家を出る時に雨が降っていなくても、雨具を用意されたほうがよいでしょう。

【東海、北陸】朝から澄んだ青空の所が多いでしょう。時々雲が広がりますが、雨を降らせることはありません。最小湿度は、30パーセントから40パーセントくらいと乾燥する所が多く、名古屋では20パーセント台まで下がる予想です。マスクをしていると、水分補給を忘れがちですが、時々はのどを潤してください。お肌の乾燥が気になる方は保湿に心がけましょう。【近畿、中国】雲ひとつない青空の所が多いでしょう。夜は、そのまま星空が広がりそうです。京都、兵庫、岡山の主に盆地では、昼頃まで濃い霧のかかる所がある見込みです。標高の高い所からは、幻想的に雲海を眺められる所もあり、秋ならではの光景です。こちらも、空気が乾燥して、最小湿度は、大阪32パーセント、広島28パーセントの予想です。

【四国、九州】一日を通して晴れるでしょう。秋の醍醐味である紅葉を、毎年楽しまれてきた方には、そわそわする時期です。四国や九州でも、標高の高い所から始まってきました。tenki.jpの紅葉情報を確認して、ちょっと出かけてみるのに問題のない天気です。

【沖縄】こちらも朝から晴れる所が多いでしょう。本島地方では夜も星がきれいですが、宮古島と石垣島では、夕方から雲が広がりそうです。

27日 最高気温 広く平年並み

北海道では10℃から15℃くらい、東北は15℃から20℃くらいの所が多いでしょう。秋の凛とした空気になる所が多いでしょう。

関東と北陸は20℃前後で、きのうと同じか低い所が多いでしょう。関東は、日差しが控えめになるため、少しヒンヤリ感が漂いそうです。

東海、近畿、中国は22℃前後になる所が多いでしょう。きのうと同様吹く風が心地良く感じられそうです。

四国、九州は、22℃から25℃くらいの所が多くなりそうです。乾いた空気に覆われますが、体を活発に動かすと汗ばむ陽気です。汗は、すっと引いてしまいますが、こまめにふき取った方がよいでしょう。

沖縄では、きのうと同様で、28℃前後になる所が多いでしょう。この時期本来の気温です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい