朝と日中の気温差大 九州南部ではその差20℃以上も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

朝と日中の気温差大 九州南部ではその差20℃以上も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


26日、九州から関東では晴れて、朝と日中の気温差が大きくなりました。宮崎県や鹿児島県の内陸では、その差が20℃以上になった所もありました。

九州~関東 朝と日中の気温差大きく その差20℃以上も

26日、大陸の高気圧が本州付近に張り出し、九州から関東では晴れています。朝にかけて地面から熱が奪われる放射冷却現象が強まり、朝の最低気温は11月並みの所が多くなりました。日中は日差しとともに気温がグンと上昇し、朝と日中の気温差が大きくなりました。

宮崎県高千穂町では、9時までの最低気温は3.8℃、15時までの最高気温は24.2℃、鹿児島県伊佐市大口では、9時までの最低気温は2.9℃、15時までの最高気温は23.9℃と、いずれも朝と日中の気温差は20℃以上になりました。

そのほか、9時までの最低気温は、東京都心10.7℃、名古屋市10.5℃、大阪市11.3℃、福岡市11.4℃で、15時までの最高気温は、東京都心22.9℃、名古屋市22.3℃、大阪市21.7℃、福岡市22.7℃など、いずれも朝と日中の気温差は10℃以上になりました。朝は秋物のコートが必要でも、日中は日差しのぬくもりを感じられたのではないでしょうか。

あす27日も九州~近畿を中心に朝と日中の気温差大きい

あす27日は、本州付近は高気圧に覆われる見込みです。関東付近では気圧の谷の影響で雲が多くなりますが、九州から近畿を中心に晴れの一日となり、朝はけさ(26日)と同じくらい冷える所が多いでしょう。日中は暖かな日差しが届き、朝と日中の気温差が大きくなりそうです。脱いだり着たりしやすい服装をお選びください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい