東京都心 10月に日最大風速10メートル以上なしか 木枯らし1号は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京都心 10月に日最大風速10メートル以上なしか 木枯らし1号は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C

画像D

画像D


東京都心では、10月に入ってからきょう26日正午までで、日最大風速が10メートル以上の日はありません。このまま東京都心で10月に日最大風速が10メートル以上の日がなければ、10年ぶりになります。

東京都心 10月に入ってから日最大風速10メートル以上なし

きょう26日は、大陸から本州付近に高気圧が張り出しています。九州から関東を中心に晴れています。11時50分から正午までの10分間の平均風速は、東京都心は南東の風1.9メートル、大阪は南西の風1.7メートルなど、風も比較的穏やかです。

10月に入ってから、きょう26日正午までで、東京都心で日最大風速が10メートル以上の日は、まだありません。台風の影響が少なかったことや、木枯らし1号が吹く気象条件になっていないことなどが、原因と考えられます。ちなみに、今月、一番強かった風は、2日と24日の6.1メートルです。

木枯らしの季節

晩秋から初冬にかけて吹く、強く冷たい風を木枯らしと呼び、東京と大阪(近畿地方として発表)では、木枯らし1号を発表しています。

特徴は西高東低の冬型の気圧配置になること。定義は、東京は10月半ばから11月末にかけてで、風向は西北西から北、最大風速はおおむね8メートル以上。大阪はおおむね霜降から冬至で、風向は西北西から東北東、最大風速8メートル以上で、大阪、神戸、京都、舞鶴、彦根、和歌山、奈良のうち3地点以上で観測した場合です。

近畿地方では昨年より12日早い木枯らし1号

今月23日、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置になり、北よりの風が強まった所がありました。翌24日に、大阪管区気象台は「きのう、近畿地方で木枯らし1号が吹いた」と発表。昨年より12日早い木枯らし1号になりました。

29日~30日にかけて広く北風が吹く

向こう一週間の天気図をみると、29日から30日は、西高東低の冬型の気圧配置になる見込みです。広く北よりの風が吹くでしょう。ただ、今のところの予想では、関東の広い範囲で8メートル以上の風が吹くとは予想されておらず、木枯らし1号になるかは、まだわかりません。このまま東京都心で10月に日最大風速が10メートル以上の日がなければ、2010年以来、10年ぶりになります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい