週間 晴天多く 秋の夜長「月」に注目! 十三夜やブルームーンも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 晴天多く 秋の夜長「月」に注目! 十三夜やブルームーンも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


この先、北海道と東北は雨の降る日もありますが、関東以西は秋晴れの日が多いでしょう。来週は十三夜やブルームーンも。秋の夜長、是非、「月」に注目してみて下さい。

北海道と東北は曇りや雨 関東以西は秋晴れ多く

この先も北海道と東北は雲が広がりやすく、25日(日)にかけてと28日(水)から29日(木)は雨が降るでしょう。北陸は来週前半は大体晴れますが、後半は雲が広がりやすい見込みです。

関東から九州、沖縄は晴れる日が多くなるでしょう。ただ、関東では31日(土)は一雨ありそうです。

十三夜やブルームーン 「月」に注目

秋の夜長、是非、夜空を見上げてみて下さい。来週は特に「月」に注目です。

29日(木)は「十三夜」です。お月見とえば「十五夜」ですが、日本には「十五夜」のおよそ1カ月後の「十三夜」にもお月見をするという独自の風習があります。さらに、29日(木)の夜から30日(金)の未明にかけては満月前の月と火星が接近して見えます。月と赤く輝く火星が並んで、見ごたえのある夜空となるでしょう。

31日(土)は今月2回目の満月(ブルームーン)です。月の満ち欠けは、約29.5日のサイクルで繰り返されるため、満月はひと月に一度のことが多いですが、月の初めに満月があると、月末に再び満月になります。1か月の間に2回満月があるとき、その2回目の満月のことを「ブルームーン」と呼ぶことがあります。欧米では「ブルームーンを見ると幸せになれる」という言い伝えもあるようです。

この先、夜間はグッと冷え込みます。厚手の上着を着るなど、暖かくして観察して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい