12日 西から高気圧も関東は帰宅時に傘の出番 北日本は強雨注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

12日 西から高気圧も関東は帰宅時に傘の出番 北日本は強雨注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


あす(12日)は、西から高気圧が張り出して西日本を中心に日差しがありますが、関東には東から湿った空気が流れ込みます。また、北陸から北日本は午後に天気が崩れる見込みで、日本海側を中心に雨脚の強まるおそれがあります。

東海以西は日差し

日本列島には西から高気圧が張り出してきています。九州から東海は、あすも広い範囲で日差しが届く見込みです。山沿いでは、一部に雨雲がかかることがありますが、平地で天気の大きな崩れはないでしょう。

秋晴れ程遠く

日が差すのは東海までで、関東は雲の多い状態が続きそうです。東から湿った空気が流れ込むためで、所々で弱い雨雲がかかる見込みです。関東は先週から秋晴れとは程遠い天気が続いていて、きのう(10日)までの5日間の日照時間は、東京都心で平年のおよそ3割ほどにとどまっています。お出かけの際に雨が降っていない所でも、あすも折り畳みの傘があると安心です。

北陸や北日本は雨や雷雨に注意

北陸や東北、北海道は、午後になると前線や気圧の谷が通過する予想です。このため、昼頃から次第に天気が崩れ、夜になると広い範囲で雨になりそうです。前線や気圧の谷の通過するタイミングで、活発な雨雲や雷雲がかかるおそれがあり、北日本の日本海側を中心に、激しい雨や雷雨に注意が必要です。

日中は少し汗ばむ所も

最高気温は、九州から関東を中心に25度前後の予想です。西日本や東海は、日差しが少し暑く感じるでしょう。朝晩との気温の差が大きくなるため、調節のしやすい服装がよさそうです。東北や北海道は20度前後で、この時期としてはやや高めでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい