関東地方 台風14号は夕方~あす明け方にかけて最も接近 雨や風に警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東地方 台風14号は夕方~あす明け方にかけて最も接近 雨や風に警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


台風14号は、関東地方に10日夕方から11日明け方にかけて、最も近づく見込みです。関東地方では雨脚が強まり、沿岸部を中心に何かにつかまっていないと立っていられないほどの風が吹くでしょう。

台風14号 関東地方に夕方~あす明け方に最も接近

台風14号は、10日11時、潮岬の南を時速20キロで北東へ進んでいます。今後も東よりに進み、10日夕方から11日明け方にかけて、関東地方に最も近づく見込みです。関東地方では、台風が接近する前から前線の影響で、雨が降っています。台風の接近に伴って、前線の雨雲だけでなく、台風の外側を取り巻く発達した雨雲がかかるでしょう。また、北よりの風が強まります。

11日までに予想される1時間雨量は、多い所で関東南部、北部ともに30ミリです。これまでに降った雨で、すでに地盤の緩んでいる所があります。今後、さらに雨脚が強まり、雨量が多くなる恐れがあります。土砂災害などに警戒して下さい。

11日にかけて予想される最大瞬間風速は、沿岸部を中心に30メートルです。何かにつかまっていないと立っていられないほどで、固定されていないプレハブ小屋が移動したり、転倒したりするほどの風です。飛来物でケガをするなど、外を歩くのが危険な場合もあります。

いま一度、ハザードマップなどで身の回りの安全を確かめて下さい。危険な場所にいる場合は、台風の影響が出始める前に、避難場所など安全な場所に移動して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい