台風14号 警戒が必要な期間は? 接近前に備えを 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風14号 警戒が必要な期間は? 接近前に備えを

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


強い台風14号は今後、進路を東寄りに変えて、11日にかけて西日本・東日本に接近・上陸するおそれがあります。各地の警戒期間をまとめました。

台風は西日本・東日本に接近・上陸のおそれ

強い台風14号は、きょう(8日)午後3時現在、種子島の南東約280kmの海上にあって、1時間に15キロの速さで北へ進んでいます。台風は今後、進路を東寄りへ変えて、発達しながら進む見通しで、あす(9日)からあさって(10日)にかけて西日本へ、あさって(10日)から11日にかけて東日本へ接近、上陸するおそれがあります。

台風に近い奄美地方や九州南部、四国ではすでに風が強まってきていて、海上では波が高くなっています。台風が東寄りに進むため、あす以降は近畿や東海、関東にも影響が出始めるでしょう。うねりを伴った高波に厳重に警戒、暴風に警戒が必要です。また、台風が接近する前から、秋雨前線の影響で太平洋側を中心に雨が降っています。台風の接近に伴い大雨となって、総雨量が多くなるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

警戒が必要な期間は

暴風や大雨に警戒が必要な期間を、地域ごとにみていきます。

九州南部や奄美、九州北部、四国はあさって(10日)にかけて、暴風・大雨に警戒・注意が必要です。あす(9日)は九州や奄美では局地的に激しい雨が降りそうです。四国は夜になると発達した雨雲がかかり、カミナリを伴って非常に激しい雨が降る所があるでしょう。

近畿、東海は雨はあさって(10日)の日中にピークを迎えそうです。紀伊半島や、三重県の沿岸部では大雨となるおそれがあります。

関東甲信で台風の影響を最も受けるのは、あさって(10日)の夜から11日朝にかけてとなりそうです。夜暗くなってから雨や風が強まると、避難しようと思った時には移動ができなくなっている可能性もあります。お住いの地域のハザードマップを確認するとともに、避難が難しい高齢者には早めに声を掛けるなどして台風に備えてください。

なお、この情報は8日午後4時現在の資料をもとに作成しています。台風の進路によって警戒に必要な期間が前後することがありますので、最新の気象情報とともに、自治体からの避難情報等も得るようにしてください。台風が近づく前に災害に備えるとともに、身の安全を図ってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい