台風14号 東海地方沿岸部直撃の可能性も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風14号 東海地方沿岸部直撃の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


台風14号は10日明け方から夕方にかけて東海地方に最も近づく見通しです。

北よりコースを通る場合は東海地方の沿岸部に直撃の可能性もあります。

暴風やうねりを伴う高波、土砂災害、河川の増水、低地の浸水に警戒してください。

東海地方 風の見通し

9日に予想される最大瞬間風速は、海上や沿岸部で35メートルの予想です。

また、9日に陸上で予想される最大瞬間風速は、静岡県で30メートル、愛知県で25メートル、三重県で20メートルの予想です。

9日から10日にかけては、海上を中心に暴風に警戒してください。

※瞬間風速35メートルとは※

何かにつかまっていないと立っていられないような風です。

屋根瓦や看板などが飛んだり、農業用ハウスが壊れる恐れがあります。

また、飛散物により負傷したり、窓ガラスが割れたりする恐れがあります。

このため、雨戸を閉める(ない場合はカーテンを閉めて窓から離れる)ことが必要です。

東海地方 波の見通し

ピークは10日でしょう。

10日に予想される波の高さは、熊野灘で10メートルの猛烈なしけになる見通しです。

9日から11日にかけてはうねりを伴う高波に警戒してください。

海はすでに台風からのうねりが入ってきています。

海に近づくのは絶対にやめてください。

東海地方 雨の見通し

10日夜にかけて雨が降る見通しです。

三重県の紀勢・東紀州方面を中心に雨の量が多くなり、総降水量が800ミリを超える恐れもあります。

土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒してください。

雨のピークは9日夕方以降でしょう。

雨のピークが夜間になる恐れがあります。

夜間の避難は危険を伴います。

自治体等から出される情報を確認し、明るいうちに早めの避難を心がけましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい