土日に何を着る? 洋服選びのポイントは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

土日に何を着る? 洋服選びのポイントは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


関東から西では、この土日も昼間は暑さがおさまらないでしょう。洋服選びのポイントは「羽織る物で調節すること」です。最高気温は25℃以上の所が多く、昼間は半袖で過ごせますが、朝晩と日中の気温差が大きいので、ご注意ください。

土日も 「夏日」続出か

2日金曜は、東北南部や関東から西では、最高気温25℃以上の「夏日」の所が多くなりました。夏日地点は、9日ぶりに400以上で、全アメダスの約半分に達しました。大分県日田市は29.6℃と、九州でも「真夏日(最高気温30℃以上)」に迫る暑さになりました。

この暑さは、3日土曜や4日日曜も続くでしょう。最高気温は、25℃以上の所が多く、夏日地点は、土日とも、2日金曜と同じくらいになりそうです。

詳しくみていきますと、最高気温は、高知市では土曜日は29℃まで上がるでしょう。大阪や金沢は、この土日は28℃くらいまで上がる日がありそうです。東京も2日間とも、25℃を超える予想です。

服装選びに迷う時期ですが、関東から西では、この土日も、昼間は半袖や薄着になれる服装が良いでしょう。ただ、服装選びのポイントは「羽織る物で調節すること」です。暑がりの方や寒がりの方など、人それぞれですが、気温が20℃を下回ると、ジャケットなど上着が欲しくなる方が増えます。朝晩は、上着がないとヒンヤリしますので、重ね着がオススメです。

衣替えはどうする?

10月に入り、衣替えの時期を迎え、いつまで半袖や薄着が必要なのか、気になる方も大勢いらっしゃると思います。週間予報を見ると、関東から西で「夏日続出」も、この土日まででしょう。来週になると、最高気温が25℃以上の所は少なくなりそうです。東京では、5日月曜以降は、最高気温が25℃に届かない日が続き、昼間は長袖シャツ1枚でちょうど良さそうです。

ただ、来週は、北海道や東北を中心に、朝晩の気温が下がってくるでしょう。関東から西でも朝晩はヒンヤリする日が増えて、最低気温が15℃前後の日が多くなりそうです。半袖や薄着は、まだ残しつつも、衣替えは少しずつ進めておいてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい