2020年紅葉色づき予想 日本気象協会発表 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2020年紅葉色づき予想 日本気象協会発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今年の紅葉の色づきは、全国的に平年並みか遅めの予想です。日本気象協会がきょう(1日)発表した2020年第1回「紅葉色づき予想」です。

全国各地の紅葉見ごろ予想

紅葉の見ごろは、秋(9~11月)の気温が低いと早まり、高いと遅れます。11月にかけて気温は全国的に平年並みか高く、朝晩の冷え込みが強まる時期が遅れる予想です。このため、今年の観光名所の紅葉見ごろ時期は、全国的に平年並みか遅いでしょう。

北海道・東北

紅葉の見ごろは、平年並みか遅いでしょう。今後の気温は、平年並みか高いと予想されますが、内陸や山沿いでは朝晩は冷え込む日があるため、色づきが進みそうです。

各地の紅葉の見ごろ時期は、北海道道北の層雲峡では、すでに色づき始めとなっています。北海道の定山渓温泉、青森県の奥入瀬渓流、宮城県の鳴子峡などでは10月中旬に見ごろを迎え、福島県の裏磐梯では10月下旬に見ごろを迎える見込みです。

関東甲信・東海

紅葉の見ごろは、平年並みか遅く、内陸では平年より1週間から10日くらい遅れる所もあるでしょう。今後は、日中は暑い日もありますが、内陸部を中心に朝晩は冷え込む日が増えてきますので、ゆっくりと色づきが進んでいくでしょう。

各地の紅葉の見ごろ時期は、栃木県の日光・鬼怒川で10月中旬、長野県の上高地や、岐阜県の白川郷で10月下旬に見ごろを迎えるでしょう。東京都の高尾山や、静岡県の大洞院などでは11月下旬に見ごろを迎える見込みです。

近畿・中国・四国・九州

紅葉の見ごろは、平年並みか遅いでしょう。今後は、内陸部や山沿いで朝晩は冷え込む日が増えていきますので、内陸部や山沿いでは色づきがゆっくりと進みそうです。

各地の紅葉の見ごろ時期は、鳥取県の大山で10月下旬、京都府の嵐山や広島県の宮島、香川県の寒霞渓、大分県の深耶馬渓、宮崎県の高千穂峡では11月下旬に見ごろを迎えるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい