26日土曜 広く傘が必要 北日本は暴風や高波に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

26日土曜 広く傘が必要 北日本は暴風や高波に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


9月最後の土曜は、台風から変わった温帯低気圧が発達しながら北上するため、北海道や東北では、まだ暴風や高波に警戒が必要です。関東も、朝まで激しい雨の降る所があるでしょう。東海から西は晴れ間もあって、昼間は薄着で過ごせますが、にわか雨にご注意ください。

天気のポイントは?

26日土曜は、台風から変わった温帯低気圧が、発達しながら三陸沖を北上するでしょう。このため、天気のポイントは「北海道や東北では、まだ、温帯低気圧の影響を受けること」です。

北海道は、東部を中心に雨で、朝まで局地的に激しく降ったり、雷が鳴ったりしそうです。雨は27日日曜にかけても降り続き、27日日曜の明け方にかけて、大雨となる所もあるでしょう。27日日曜午前6時までの24時間に、予想される雨量は、北海道の多い所で100ミリです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒が必要です。東北も曇りや雨でしょう。

予想天気図をみると、北海道や東北付近は、等圧線の間隔が狭くなっています。等圧線の間隔が狭ければ狭いほど、風が強まるので、太平洋側を中心に、風が吹き荒れるでしょう。予想される最大瞬間風速は、北海道で35メートル、東北で30メートルです。波の高い状態も続き、海はうねりを伴って大シケとなりますので、引き続き暴風や高波に警戒してください。

関東甲信も雲が多く、雨が降りやすいでしょう。こちらも、お出かけの時に雨が降っていなくても、傘をお持ちください。千葉県など関東の沿岸部では、朝までは、雷を伴って激しい雨の降る所もありそうです。落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。北陸も雲に覆われ、午後は雨や雷雨となりそうです。

一方、東海から西は晴れ間も出ますが、すっきりしない天気でしょう。日本海側を中心に、所々で、にわか雨や雷雨となりますので、空模様の変化に、お気を付けください。

気温のポイントは?

気温のポイントは「東海から西と、関東から北で、ガラッと違うこと」です。

最高気温は、東海から西では25℃を超えて、30℃近い所もあるでしょう。昼間は、半袖で十分過ごせそうです。ただ、朝晩は、ヒンヤリしますので、羽織る物で調節してください。

一方、関東や東北南部は22℃くらい、東北北部は20℃前後でしょう。北海道は昼間もほとんど上がらず、15℃くらいの予想です。雨に濡れて体調を崩さないよう、十分ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい