今年の冬は寒冬? 暖冬? どうなるラニーニャ現象続く冬 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年の冬は寒冬? 暖冬? どうなるラニーニャ現象続く冬

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


ラニーニャ現象が冬にかけても続く可能性が高くなっています。ラニーニャ現象時の冬は、東日本から西で気温が低くなる傾向があります。今年の冬の天気や気温の傾向をまとめました。

ラニーニャ現象 東日本から西で気温が低くなる傾向

今後、冬にかけてもラニーニャ現象が続く可能性が高い予想となっています。ラニーニャ現象時の冬は、特に東日本から西で気温が低くなる傾向があります。

前回、ラニーニャ現象が発生した2017/18年の冬は全国的に寒い冬になりました。特に西日本で気温の平年差が-1.2℃と低く、-2.1℃を記録した1985/86年の冬以降の32年間で最も寒い冬でした。日本海側の降雪量は多く、北陸などで記録的な大雪にも見舞われました。

今年の冬は寒い冬?

冬にかけて ラニーニャ現象が続く可能性が高いため、上の図のように、太平洋の海面水温は、中・東部赤道域では低い一方、西部熱帯域では高く積乱雲の発生が多くなる予想です。この影響により、上空の偏西風は、日本付近では南に蛇行し、西まわりで寒気が流れ込みやすくなるでしょう。

今年の冬は、北からの寒気は弱いため、北日本の気温は平年並みか高い見込みです。北日本の日本海側の降雪量も平年並みか少ないでしょう。一方、東日本や西日本、沖縄や奄美の気温は、ほぼ平年並みの見込みですが、低温の確率はやや大きくなっています(低40%:並30%:高30%)。地球温暖化の影響等により大気全体の温度が高いものの、寒気が流れ込みやすいため、このような予想となっています。また、冬型の気圧配置がやや強く、西日本の日本海側では降雪量が平年並みか多くなるでしょう。

近年は暖冬傾向が多く、特に2019/20の冬は、記録的な暖冬で、日本海側の雪も記録的に少なくなりました。一転して、今年は冬らしく厳しい寒さの日が多くなり、西日本の日本海側では降雪量も多くなる可能性があります。本格的な冬が訪れる前に、暖房やストーブの点検、厚手のコートや冬用タイヤの準備など冬支度を進めておくと良さそうです。

北日本:北海道・東北

東日本:関東甲信・北陸・東海

西日本:近畿・四国・中国・九州


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい