四国 太平洋側で24日夜から大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

四国 太平洋側で24日夜から大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう24日(木)は、西から近づく低気圧の影響で、四国地方は朝から雲が広がり、夕方になって次第に雨が降り出してきました。前線を伴った低気圧が、今夜は九州南岸付近へ進み、あす朝には四国の南岸に進んでくる見込みです。四国地方では、24日夜遅くから25日昼前にかけて、大雨となる恐れがあります。落雷や突風、急な強い雨に注意してください。

24日夜からあす25日朝までの雨雲の動き

四国の南岸を通過する低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、24日夜から広い範囲で雨となり、高知県や徳島県南部では25日の未明から昼前を中心に雷を伴って非常に激しい雨が降る恐れがあります。降水量は、多い所で瀬戸内側で120ミリ、太平洋側で200ミリに達する大雨になる見込みです。低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水などに注意してください。

四国の週間予報 来週は朝晩涼しくなりそう

四国では、あす25日(金)の午前中は雨が降り、太平洋側を中心に雷を伴って非常に激しく降る所がありそうです。26日(土)から27日(日)にかけては、西から高気圧に覆われてきますので天気は回復に向かい、太平洋側から晴れてくるでしょう。来週初めは、大陸から張り出す高気圧に覆われ、各地ともおおむね晴れの天気となり、カラッとした空気に覆われて秋晴れとなりそうです。30日(水)から10月1日(木)にかけては、雲が広がりやすくなるでしょう。最高気温は、日中は25度前後と半袖で過ごせる所が多いものの、朝晩は20度を下回る日が多くなります。朝晩と日中との気温差が大きくなりますので、体調を崩さないようにお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい