台風は日本の東を北上へ 台風の影響だけでなく金曜日は雨の降り方に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風は日本の東を北上へ 台風の影響だけでなく金曜日は雨の降り方に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


台風12号は日本の東を北上する予想です。今後、台風の影響はもちろんのこと、台風だけでなく、25日は東海など太平洋側で雨量が多くなる可能性があり、雨の降り方に注意が必要です。

台風12号は日本の東を北上へ 台風が温帯低気圧に変わっても警戒を

台風12号は、23日15時、八丈島の南南西約120キロにあって、1時間に20キロの速さで、北東へ進んでいるとみられます。中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルです。今後、当初の予想より東よりに進路をとり、25日にかけて伊豆諸島から関東の東を北東へ進むでしょう。

関東では23日夜遅くから24日かけて、千葉県など沿岸の地域を中心にカミナリを伴った激しい雨が降り、大雨になる所がある見込みです。東北は24日から太平洋側を中心に、大雨や暴風になるでしょう。

台風12号は、25日に三陸沖で温帯低気圧に変わる見込みです。台風から変わる低気圧は、北上を続けます。ただ、オホーツク海に中心を持つ高気圧の南への張り出しは強く、台風から変わる低気圧の動きは、比較的遅いでしょう。このため、東北や北海道の太平洋側では、東風が吹きつけ、雨雲が発達しやすくなるだけでなく、風や雨の影響が長く続く見込みです。

東北は25日にかけても影響が続くでしょう。北海道では、25日から26日にかけて、太平洋側を中心に大荒れや大雨になり、低気圧の進路によっては警報級の大雨や暴風となる恐れがあります。

予想される雨量と風

24日18時までの24時間に予想される雨量は多い所で、関東地方200ミリ、東北地方180ミリ。その後、25日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、東北地方100から200ミリです。

最大瞬間風速は、24日にかけて関東地方35メートル、東北地方と東海地方30メートル。25日は、東北地方と北海道地方25から35メートルと、固定されていない移動、転倒するくらいの風です。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒して下さい。

台風による雨だけじゃない 東海などに発達した雨雲かかる可能性も

台風12号の影響は、関東から東北、北海道へと、北の地域に移っていきます。ですが、今後、台風の影響だけでなく、雨の降り方に注意が必要です。

24日夜から、本州付近に上空の気圧の谷が接近する見込みです。低気圧が九州の南から本州の南に進み、24日は九州南部や四国を中心に次第に雨が降り、本降りになることもあるでしょう。25日は、近畿の太平洋側や東海に発達した雨雲がかかり、雨量が多くなる可能性があります。この発達した雨雲は、東へ進み、関東にも南部を中心にかかりそうです。

また、上空の気圧の谷は寒気を伴っており、中国地方など日本海側の地域でも局地的に雨や雷雨になることもあるでしょう。

今後、台風12号の影響はもちろんのこと、台風だけでなく、雨の降り方に注意が必要です。最新の気象情報をご確認下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい