台風12号 東北への影響は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風12号 東北への影響は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


北上する台風の影響で、東北太平洋側を中心にあす24日から25日にかけて大雨の恐れがあります。警戒が必要な期間などをまとめました。

警報級の可能性

台風12号は進路を北東にかえて、25日朝までに温帯低気圧に変わりながら三陸沖を北上する見込みです。陸地から離れて通る予想になってきましたが、海風が強く吹き付ける東北太平洋側の山沿いを中心に長い時間雨が降り、総雨量が多くなる恐れがあります。

上の表は、赤が東北太平洋側の気象台から警報の発表される可能性が高い期間、黄色は警報の発表される可能性がある期間をまとめたものです。

あす24日~あさって25日にかけては、福島県浜通りを中心とした阿武隈高地の東斜面、宮城県西部山沿いを中心に大雨になりやすく、岩手県沿岸部を中心とした北上高地の周辺では26日にかけて大雨になる恐れがあります。東北太平洋側で24時間に予想される雨の降る量は多い所で、24日午前6時までに80ミリ、25日午前6時までに100~200ミリです。土砂災害や川の増水、浸水に警戒が必要です。

また、三陸沿岸を中心に風も強まり、あさってにかけて最大瞬間風速は30メートル前後の暴風が予想されます。海上は26日にかけて6メートルを超える大しけとなる見込みです。海上を中心に暴風や高波にも警戒してください。

23日中にできる備えを

台風から変わる低気圧の進路によって雨の降り方は変わりますが、太平洋側の山沿いでは断続的に雨が降って総雨量が多くなる恐れがあります。23日夜以降は福島県から雨が強まる傾向です。チェックリストを参考に、防災用品や避難場所までの経路の確認、スマートフォンの充電などを早めに済ませておきましょう。

新型コロナ対策も

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、防災用品にはマスクや消毒液、体温計なども入れておきましょう。避難所以外でも、安全な場所にある親せきや友人のお宅に逃げることも選択肢のひとつです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい