22日 秋晴れ 連休明けは台風12号に注意を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

22日 秋晴れ 連休明けは台風12号に注意を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう22日は、日中は晴れて心地よい風が吹きそうです。夜は九州から関東にかけての太平洋側で雨が降り出すでしょう。秋雨前線の雨です。連休明けは、南海上の台風12号が接近し影響は各地に。連休明けは台風の動きに目が離せません。

きょうの天気 秋晴れのち夜に雨雲接近

きょう22日秋分の日は、昼と夜の時間が同じになる年2回だけの太陽と地球との分岐点です。お彼岸の中日でもあり、この日に先祖の墓参に出ける方もあるでしょう。

きょうは、北から秋の移動性高気圧が日本列島を覆いますが、日本の南に台風12号が現れて、北上中です。お天気のポイントは、台風12号と、その北側に横たわる秋雨前線です。

東北から九州にかけて、日中は晴れる所が多く、米どころでは稲穂をわたる風が心地良く感じられるでしょう。しかし、安定した晴天になるのは高気圧に近い東北くらいで、関東から九州では、早い所では昼頃から雲が広がりやすくなり夜は曇り空になる所が多いでしょう。関東、東海、近畿、四国、九州南部では、夜になって秋雨前線の北上に伴う雨が降り出してくる見込みです。一部では夕方ごろから雨になりそうです。

北海道は、北を冷たい空気を伴った気圧の谷が通る影響で、晴れても不安定な天気でしょう。夜にかけて局地的に雨が降り、雷を伴う雨になることがある見込みです。急な雨や落雷に、ご注意下さい。また、日本海側では、これまでに降った大雨の影響で、地盤の緩んでいる所がありますから、土砂災害に注意が必要です。

沖縄では、台風の影響が次第に現れてきます。天気が崩れる前にやってくる高波です。沖縄本島地方と大東島地方では、あす23日にかけて、先島諸島では22日は、波が高い見込みです。沖縄地方の海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に、ご注意ください。

台風12号 (ドルフィン)の進路予想

きのう日本の南で発生した台風12号 (ドルフィン)は、今日午前6時現在、引き続き日本の南を、ゆっくりとした速度で北上中で、中心の気圧は992hPa(ヘクトパスカル)、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルです。台風は北上を続け、あす23日(水)朝までには風速25メートル以上の暴風域を伴い、あさって24日(木)の朝には、暴風域を伴ったまま、四国から紀伊半島の南に進んでくるとみられます。また、その後暴風域は予想されませんが、台風としての勢力を保ったまま、25日(金)朝には関東付近に接近する見通しです。

まだ進路がブレることがありますが、台風の進路にあたる皆さんは、連休明けから最新の台風情報に、お気をつけ下さい。

また、台風による、高波や大雨、強い風への備えは、きょうから始めて身構えるのもよいでしょう。

準備を始める前には、tenki.jpの【特集】新型コロナと自然災害に備えて・・を是非参考になさってください。

きょうの気温 秋らしい空気に包まれて

きょう22日秋分の日は、暑さも寒さも彼岸までという言い伝え通り、秋らしい空気に包まれる所が多いでしょう。

沖縄から近畿にかけては、きのうと同じくらいで、平年並みの所が多いでしょう。予想最高気温は、沖縄では30℃くらい、九州から東海では27℃から29℃くらいの所が多い見込みで、山口県内では30℃くらいまで上がる所がありそうです。夏の暑さの残る所もあるでしょう。

関東から北海道は、きのうと同じか高めで、平年を少し上回る所が多いでしょう。関東、北陸、東北は25℃から27℃くらいの所が多く、北海道は南部や日本海側では23℃前後、東部やオホーツク海側では17℃から21℃くらいになりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい