秋雨前線で大雨 今夜~あすも「滝のような雨」に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

秋雨前線で大雨 今夜~あすも「滝のような雨」に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


18日にかけて、西~北日本では、日本海側を中心に、局地的に雨雲や雷雲が発達しそうです。大雨のおそれがありますので、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に、警戒・注意してください。

大雨をもたらす原因は?

17日は、秋雨前線が、西日本から東日本を通って、日本の東へのびていたため、西日本を中心に、雨雲が発達しました。

18日になると、秋雨前線上に低気圧が発生するでしょう。さらに、低気圧や秋雨前線に向かって、「暖かく湿った空気」が流れ込みそうです。この「暖かく湿った」空気は、大雨をもたらす原因です。このため、西日本から北日本の日本海側を中心に、18日にかけて、大気の状態が「非常に不安定」になりそうです。

予想雨量は?

西日本から北日本では、日本海側を中心に、18日にかけて、局地的に雷を伴った「非常に激しい雨」や「激しい雨」が降り、大雨となる所があるでしょう。「非常に激しい雨」とは、雨が滝のようにゴーゴーと降り続き、傘は全く役に立たないレベルです。また、水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険なレベルです。また、夜、暗い時間に、雨が強まる所もありますので、一段と注意が必要です。

あす18日18時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、

九州北部地方     200ミリ

中国地方、北陸地方  120ミリ

東北地方       100ミリ

北海道地方      80ミリとなっています。

さらに、雨は18日夜以降も降り続き、19日18時までの24時間に予想される雨量は、北陸地方の多い所で、50から100ミリです。

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意するとともに、竜巻などの激しい突風や落雷に、十分ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい