東北 12日も滝のような非常に激しい雨に要警戒! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 12日も滝のような非常に激しい雨に要警戒!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう12日も大気の不安定な状態が続く東北地方。局地的に滝のような非常に激しい雨が降り、収穫期を迎えた稲が生え揃う水田が冠水する恐れも。

12日 連日の非常に激しい雨に要警戒!

東北地方は大気の状態が非常に不安定になっています。きのう夕方は、福島県郡山市付近で1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されたほか、福島県や山形県で局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降りました。きょうも東北地方は太平洋側を中心に雷を伴って激しい雨が降る予想です。前線の活動が予想よりも活発になった場合は局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る恐れがあります。あす13日午前6時までに予想される24時間雨量はいずれも多い所で岩手県の沿岸北部と沿岸南部、宮城県、福島県の浜通りで150ミリ、青森県の三八上北で120ミリなどとなっています。

防災上の注意・警戒点

局地的に降る非常に激しい雨や猛烈な雨に対する注意・警戒点です。

・地上で建物の1階以上の場所へ:降った雨が地下街に流れ込んできて、水没する恐れがあります。雨宿りは地上で1階以上の場所を選んでください。

・足元を要確認:道路が冠水すると、濁った水で足元の状況が分からなくなります。側溝があったり、マンホールの蓋が外れているかもしれません。足元を傘などでよく確認しながら移動してください。

・アンダーパス:普段利用する道路でも、なるべく低い所を通る道路を避けましょう。アンダーパスなど低い所を通る道路では、短時間で水が溜まり、車が水につかると、水圧によって、ドアが開かなくなることもあります。

・また、下流で雨が降っていなくても、上流で降った大雨によって、川の水かさが急に増えたり、水が濁る、木の枝が流されてくる場合は川の状況を見守ることはせずに直ちに川から離れるようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい