東北 月曜にかけて大雨のおそれ 実りの秋を直撃 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 月曜にかけて大雨のおそれ 実りの秋を直撃

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像D

画像D


あす12日(土)から14日(月)にかけて東北地方は太平洋側を中心に大雨のおそれがあります。気象情報や自治体からの情報はこまめに確認できるようにしておきましょう。

太平洋側 12日(土)次第に強まる雨 14日(月)にかけて大雨のおそれ

12日(土)は、東北地方には前線が停滞し、熱帯低気圧付近の暖かく湿った空気が流れ込む予想です。13日(日)から14日(月)にかけては、前線上に発生した小さな低気圧が東北地方を通過するでしょう。また、北の高気圧の影響で湿った東よりの風の吹付けが強まる予想です。このため、12日(土)から14日(月)にかけて太平洋側を中心に強弱を繰り返しながら雨が断続するでしょう。さらに、上空には冷たい空気が流れ込んでるため雨雲が発達しやすく、雨量が多くなるおそれがあります。

大雨 警戒すべき期間

強雨域は、14日(月)にかけて次第に北上する予想です。気象庁が本日(11日)11時に発表した早期注意情報によると、警報級の大雨のおそれがある期間と地域は、以下の通りです。

12日(土) 福島県、宮城県、岩手県

13日(日) 福島県の中通りと浜通り、宮城県、岩手県、青森県の三八上北と下北

14日(月) 岩手県、青森県の三八上北と下北

危険な場所には近づかないようにしましょう

長い時間、雨が降り続き、土砂災害や低い土地の浸水、河川が増水する危険性が高まるおそれがあります。危険な崖、増水した川や用水路には近づかないで下さい。暗い時間帯に災害の起こることも考えられますので、気象情報や自治体からの情報はすぐに確認できるようにしておきましょう。また、秋の実りの季節を迎えている東北地方ですが、大雨への備えは雨が強まる前、あす午前中のうちに行いましょう。

発達した積乱雲が近づいてきたら避難しましょう

湿った空気と上空に流れ込んだ冷たい空気の影響で、大気の状態が非常に不安定になる予想です。雨雲や雷雲が発達しやすいでしょう。雷を伴って滝のような雨の降るおそれがあります。竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうにもご注意ください。あたりが急に暗くなったり、冷たい風が吹いてくるなど、発達した積乱雲が近づく兆候が見られた時には、すぐに安全な場所に避難するようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい