東海地方 線状降水帯発生のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海地方 線状降水帯発生のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


午後5時ごろから三重県北部から愛知県尾張地方、岐阜県美濃地方付近には線状に連なるように発達した雨雲がかかり続けています。この雨雲の中では非常に激しい雨も解析されています。このあともこの状態は数時間程度続く恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫などに警戒してください。

雨の見通し

三重県北部付近では断続的に積乱雲が発生しており、この雲が上空の風に流され、愛知県尾張地方や岐阜県美濃地方に流れ込んでいます。このあとも数時間程度は同じような所に発達した雨雲がかかり続ける可能性があり、局地的には猛烈な雨の降るおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫などに警戒してください。また、竜巻などの激しい突風や落雷に十分注意してください。

猛烈な雨とは

1時間に80ミリ以上の恐怖を感じるような雨の降り方です。また、傘が全く役に立たなくなったり、水しぶきであたり一面が白っぽくなったりして、視界が悪くなるような雨の降り方です。

アンダーパスと呼ばれるくぐる形状の立体交差ではきわめて短い時間で冠水する恐れがあります。

このため車の運転は大変危険な雨の降り方です。

さらに、このような雨が降るとただちに土砂災害の発生につながる恐れもあります。

夜間の避難に際して

夜間の避難は危険を伴います。

1.懐中電灯や杖を用いて足元に十分注意し避難を行う。

2.避難が危険な場合には、2階以上への避難や崖から離れた部屋に移る。

など、慎重に身を守る行動をとるようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい