中国地方 猛暑は収まった! この先の季節の歩みは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 猛暑は収まった! この先の季節の歩みは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう10日(木)、広島地方気象台から1か月予報が発表になりました。

この先一か月間は気温の高い日が多く、季節の歩みは平年より遅くなるでしょう。

今月の中旬は湿った空気の影響で雲の広がる日が多くなりますが、その後は天気が周期的に変わる見込みです。

1週目(9月12日~9月18日)

高気圧に覆われて晴れる日もありますが、秋雨前線の影響で曇りや雨の降る日が多いでしょう。気温は平年よりも高い見込みです。

朝晩は比較的過ごしやすいものの、日中の気温は30度を上回る日もあり、晴れた日には暑くなるでしょう。

2週目(9月19日~9月25日)

西日本付近を高気圧と低気圧が交互に通るようになり、天気は周期的に変わるでしょう。

一雨ごとに季節が進むようになりますが、気温は平年より高い日が多い見込みです。

彼岸のころになっても、日中は暑さを覚えるような日があるでしょう。

3~4週目(9月26日~10月9日)

引き続き、天気は周期的に変わる見込みです。

沿岸部では最低気温が20度を下回る日が多く、内陸部ではひんやりとする日が多くなるでしょう。ただ、日中は大きく気温が上がり、汗ばむような陽気になる日もあるでしょう。

そろそろ衣替えの時期ですが、10月になっても半袖の服が活躍する見込みです。

なお、このころから移動性高気圧に覆われて、穏やかに晴れた日の夜には、内陸部で雲海の発生する可能性があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい