東海~関東甲信中心に「落雷」多発 今夜~あすも急な「激しい雷雨」に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海~関東甲信中心に「落雷」多発 今夜~あすも急な「激しい雷雨」に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


東海や北陸、関東甲信を中心に雷雲がかかり、落雷も多発しています。今夜(9日)からあす(10日)にかけて急な激しい雷雨に注意が必要です。

落雷多発

きょう9日、前線が東シナ海から東日本に延び、別の前線が日本海から北日本に延びています。前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。一方、日本付近の上空約6000メートルには、氷点下6度以下の寒気が流れ込んでおり、大気の状態が非常に不安定になっています。

午後4時半現在は沖縄から東北南部の所々に雨雲や雷雲がかかり、特に東海や北陸、関東甲信を中心に落雷が多発しています。上の雷レーダーを見ると、落雷が多発しているようすが分かります。(なお、雲と地上の間で発生する放電を対地放電(落雷)といい、雲の中や雲と雲の間などで発生する放電を雲放電といいます。)発達した雷雲がかかっている栃木県奥日光では1時間に40ミリ以上の激しい雨が降りました。

今夜も大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。局地的に雷を伴って非常に激しい雨や激しい雨が降りそうです。非常に激しい雨や激しい雨が降ると、見通しが悪くなったり、一気に道路が川のようになったりすることがあります。車の運転は注意が必要です。今は晴れている所も天気の急変にご注意下さい。

あす10日も大気の状態が非常に不安定

あす10日も大気の非常に不安定な状態が続きます。九州から北海道にかけて所々で雨雲や雷雲が発達するでしょう。局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、竜巻などの激しい突風や落雷、降ひょうにご注意下さい。

雨雲レーダーなどチェックし、発達した雷雲が近づく場合は、建物の中に移動するようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい