北海道で9月史上最高気温を記録 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道で9月史上最高気温を記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


今日(8日)の北海道付近は、台風10号とそれから変わった温帯低気圧から流れ込む強い暖気の影響で気温が上がり、午後3時までの最高気温は札幌で9月の史上最高タイとなる32.7度など、記録的な暑さとなりました。

道内で最も高くなった十勝地方の足寄では34.4度まで上がり、北海道全体の9月の最高気温を記録しました。

なお、数値は速報値で、後日修正される可能性があります。

上空には9月史上最強暖気

今日の北海道付近には台風10号やそれから変わった温帯低気圧の影響で南からの強い暖気が流れ込み続けています。

札幌の上空約1500メートルの気温は、今朝9時の観測で21.6度を記録し、9月の観測としては統計史上1位の値を更新しました。

9月の史上最強暖気が北海道に流れ込んだことになります。

その影響で朝から気温が高く、昨夜から今朝にかけては道南の松前と奥尻空港で熱帯夜も観測されました。

日中はそこからさらに気温が上がり、午後3時の段階で札幌で9月の史上最高気温タイとなる32.7度を記録するなど、道内37地点で9月としての統計史上1位の最高気温となりました。

道内で最も高くなった十勝地方の足寄では34.4度まで上がり、9月の北海道としては2010年9月1日に帯広で観測された34.4度に並ぶ記録となりました。

週後半は気温急降下

厳しい暑さは明日(9日)も続き、内陸を中心に最高気温は30度前後が予想されています。明日も熱中症などには十分な注意が必要です。

しかし、その後は一転して秋の空気が流れ込みそうです。10日、11日頃に北海道では広く雨が降りますが、その雨を境に空気が入れ替わり、これまでのような厳しい残暑は落ち着きます。週末には気温が平年より低くなる可能性もあります。

道内には昨日(7日)、13日頃からの約5日間は平年よりかなり気温が低くなる可能性があるとして、低温に関する早期天候情報も発表されました。

週末からは最高気温でも20度に届かない所が増えていきそうで、この先は気温の変動がかなり大きくなります。日々の気象情報を確認しながら服装を選ぶなど、体調を崩さないよう十分注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい