7日 台風10号離れても暴風や大雨警戒続く 東海や関東なども大雨に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

7日 台風10号離れても暴風や大雨警戒続く 東海や関東なども大雨に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


台風が日本から離れても、九州北部では暴風に警戒が必要です。四国や東海、関東では激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。

台風の状況と今後の進路

大型で強い台風10号は7日午前6時現在、対馬市の南西約30キロを北上しています。このあとやや勢力を弱めながら午後6時には日本海に達する見込みです。九州北部では昨夜から今朝にかけて雨や風が強まり、長崎県五島市福江では1時間に88.0ミリの猛烈な雨が降りました。九州南部では特に雨量が多くなり、宮崎県美郷町南郷ではこの台風による総雨量がおよそ600ミリと、平年9月1か月分の1.5倍近くの雨量になっている所もあります。また長崎市野母崎では未明に最大瞬間風速59.4メートルと、樹木や電柱などが倒れるほどの猛烈な風を記録しました。台風は徐々に離れつつありますが、九州北部では夕方にかけて猛烈な風や非常に強い風に厳重に警戒してください。

台風から離れた地域でも大雨に

台風から離れた地域でも強風や大雨に注意が必要です。西日本や東日本には台風周辺の暖かく湿った空気や日本海側にある前線に向かう暖かく湿った空気が流れ込みやすい状況になっています。四国や近畿、東海、関東など太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となっていて、活発な雨雲が次々と流れ込んでいます。局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨や1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降り、大雨となる所がありそうです。あす8日(火)午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で東海で300ミリ、四国で250ミリ、関東甲信や九州北部で200ミリなどとなっています。特に太平洋側の東から南斜面を中心に総雨量が多くなる見込みです。既に関東でも総雨量が200ミリを超えて、これまでの雨で土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒をしてください。

日本海側はフェーン現象で猛暑に

最高気温は、九州から関東は30度くらいの所が多いでしょう。湿度が高く、かなり蒸し暑く感じられそうです。北陸と東北は台風に向かって吹き込む南風によるフェーン現象の影響で、日本海側で気温がグングンが上がりそうです。新潟や秋田など35度くらいまで上がり、猛烈な暑さになりそうです。北海道でも真夏並みの暑さが続く見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい