東海地方 台風10号 過ぎてからも大雨警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海地方 台風10号 過ぎてからも大雨警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


東海地方では台風10号周辺の暖かく湿った空気の影響で、7日午前中を中心に非常に激しい雨の降る所があるでしょう。台風が北に過ぎ去った8日以降も雨が続き、記録的な大雨になる恐れがあります。土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒してください。また、海上ではうねりを伴った高波に警戒してください。

8日18時までの雨の見通し

あす7日18時までの24時間予想降水量はいずれも多い所で、三重県400ミリ、静岡県300ミリ、愛知県と岐阜県で200ミリの予想です。あす7日午前中を中心に、雷を伴い1時間に60ミリの非常に激しい雨の降る所があるでしょう。あす7日18時からあさって8日18時までの24時間予想降水量は、東海地方の多い所で300ミリに達する恐れがあります。土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒してください。

9日以降も大雨に警戒

東海地方では台風が北に過ぎた9日以降も大雨に警戒が必要です。岐阜県など内陸部では9日以降のほうが雨の量が多くなる恐れもあります。11日かけての総降水量が、所により800ミリを超えるおそれもあり、記録的な大雨になるおそれもあります。台風が過ぎても油断することなく、土砂災害や川の増水等に警戒してください。また、今後の情報や自治体からの避難の情報等に注意し、早めの安全対策を心がけましょう。

なぜ 台風過ぎても大雨?

台風10号や台風から変わった温帯低気圧へ吹き込む南西からの暖かく湿った風と、太平洋高気圧の縁を回って流れ込む南東からの暖かく湿った風が東海地方の周辺でぶつかると予想されるためです。異なる方向から暖かく湿った空気が流れ込んでぶつかることにより局地的に雨雲が発達し、同じような所に発達した雨雲がかかり続けることで、記録的な大雨になる恐れがあります。

東海地方における波の影響

あす7日にかけて予想される波の高さは、熊野灘で7メートル、遠州灘から伊豆半島周辺にかけて6メートル、伊勢湾・三河湾で3メートルの予想で、いずれの海域でもうねりを伴うでしょう。外海では大しけとなる所がある見通しです。うねりを伴う高波に警戒してください。

あさって8日も、波はうねりを伴い外海ではしけるでしょう。

東海地方における風の影響

あす7日にかけて予想される最大風速は、海上や沿岸で18メートル、陸上で13メートルの予想です。

強風や竜巻などの激しい突風に十分注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい